忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

コールドケース4 #5「熱帯魚」

2003年、ハリス夫妻が車内で射殺された。夫妻には高校生で自閉症のブレントと姉のルビー、二人の子どもがいた。最近になって施設に預けられているブレントが事件の話になると決まった数字を口にすることにジョセフが気付き、リリーに相談したことで再捜査開始となる。

シールドでもそうだったけれど、普通学級での教育が困難だと大金のかかる私立しかないのでしょうか。
能力に見合った専門的な指導を受けられるのだからそれに越したことないけれど、そのために方やギャングの金を掠め取り、方や保険金詐欺を企てる。
そうしなければ受けられない教育なのかと思うと複雑。
でもバーモントには無料の学校があるのですよね。
ハリス家はブレントの状態を受け入れ、ルビーも含めて「ブレントのために特別なことをしている」という意識はなさそう。
そういうブレントを含めての家族だった。
ダグが憧れたのもそういうハリス家だったのではないだろうか。
ルビーのことは好きだけれど、ハリス家がいなくなることのほうが耐えられなかったのでは。
ブレントの特別扱いに嫉妬していたのは娘ではなくそのBFだった、という寂しい結末。
でもこれで弟の犯行かもしれないと疑っていたルビーが心に覆いをかける必要なくブレントと一緒に暮らせるのだから、解決してよかった事件といえると思う。
今回はスコッティがブレントと通じ合おうと努めているのが印象的。
それはヴェラも同じだったらしく、興奮気味にボスに話してました(笑)。
そしてハリス姉弟の生活に尽力してくれたジョセフは、リリーの本心を垣間見て別れを決意。
確かにあれでは「ジョセフは好き、愛してるのはレイ」って感じで仕方ないか。
CCでのSaving Sammyを最後にこれからはSaving Graceなわけだ。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Anne
  • URL
  • 2008/08/16(Sat)15:16
  • Edit
カクテキさん、こんにちは。
ブレントとルビーの育ち方をみても、
この一家は温かい家族なんだなとわかりました。
ダグがそこから離れたくないと思った気持ちは
わかりますが、その引き起こす結果がわからなかったのは
ちょっと軽率でしたよね。
独りになってしまったリリーはかわいそうですが、
そのほうが似合っていると思ってしまったり…。
わたしったらひどいですね。
TBさせていただきます。

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/08/17 09:45
保険金詐欺を企んでしまうあたりは微妙ですが、自然に家族を愛しているという感じでしたね。
ダグが入りたかったのもわかるような気がします。
この後、ダグはどんな想いで過ごしていたのでしょう。
真相を見抜かれた途端の表情の崩れ方からして、いつ精神に破綻をきたしてもおかしくなかったかもしれません。
>わたしったらひどいですね
きっとリリーには他のかたちでの幸せが待っているのですよ。

TRACKBACK

Trackback URL:

コールドケース4 第14話 熱帯魚

  • URL
  • 2008/08/16(Sat)
Cold Case 4 #5 Saving Sammy 2003年。自閉症の少年、ブレント(コール・ピーターセン)の両親である、 スティーヴ(アンドリュー・ボルガ)とリサ(エリス・ミルト)が、 雨の日に車の中で拳銃で撃たれて亡くなった。現在、ブレントの預けられている施設で、 ジョセフが働いている関係から、ブレントが事件の話を聞くといつも同じ数字を言うと、 気がついてリリーに連絡をしてくる。ブレントの言う数字が当時の車の走行メーターと、 まったく同じだと言うことに気がついたリリーたちは、現場にブレントもい...

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]