忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

コールドケース4 #8「ホタル」

1975年、町の風潮に関係なく隣に住む黒人少女シュリースと仲良しだった白人少女メラニーが森の中に靴を残したまま行方不明になっていた事件。
新たな手がかりが当時の郵便配達員が黒人への配達を拒んで残していた郵便物だったとは。…配達したくないくせに保管しておくんだね(苦笑)。
初めてではないだろうか、被害者が生きていたなんて。
記憶はなくしていたが31年も放っておかれたのではなく、両親はずっと待ち続けていたという事実がが回復の手助けになるといいな、メラニーとシュリースの永遠と一日がまたこれから続くといいな、と素直に思えるエピソード。
でも、どうしてもシュリースがあの時誰かに話していればと思わずにはいられない。話したところで聞き入れられなかったかもしれないが。
前回の1979年に新人だったジェフリーズはこの時はまだいなかったのかな。
シュリースもお兄ちゃんもジェフリーズに話せていたら解決の道をたどっていたかもしれない。
犯人だった男も、自分より小さい子相手にしか威張れないおバカさんだけど、強制されずにメラニーに謝罪できる子だったのに。
やはり自分が直接に痛い目見てることにはかなわなかったわけだ。

改めて言うのもなんだけど、最近、関係者に当時のことを聞いて疑わしい人を取調室にご招待した時、犯人扱いでしょ。
そしてその人の言葉で他の人物のことが浮かぶと、対象人物が変わっただけで同じことの繰り返し。
取調べの作戦なのかなとは思いつつも、関係者の証言に振り回されているようにしか見えなくて。
だから今回のように被害者が実は生きていたってことだけで、
この日は「永遠と一日」の「一日」なんだな、娘を守るために被害者を装ったメラニーのお母さんの気持ち、そのお母さんの気持ちが痛くてシュリースに冷たくあたったメラニー、白人による白人迫害に屈しなかったメラニーのお父さん、と全てにほろっときてしまう。
でも再捜査のきっかけになったメラニーがシュリースに宛てた手紙はいつ書かれたものだったのかわかりませんでした(苦笑)。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Anne
  • URL
  • 2008/09/03(Wed)21:36
  • Edit
カクテキさん、こんばんは。
シュリースとメラニーの友情が、一度は事件によって
絶たれてしまったけれど、もう一度再会したことで、
あたらしくつながっていけると思えるラストが、
本当に感動的でした。
ところで取調室でのことですが、わたしも疑問でした。
古い事件だから人に頼るしかないのかもしれないけど、
結構ころころ変わりますよね~。
最後に解決するから、どうにかOKなのかしら?

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/09/04 09:15
被害者生存ケースにめぐり会えただけで全てOKにしてしまいたくなります。
いいことばかりではないでしょうが、記憶回復できるといいなと思いますね。
>取調室でのこと
最初からこうでしたっけ?
捜査の手順に慣れてしまったので、目に付くだけのことなのでしょうか。
関係者の言葉が頼りとはいえ、最近振り回されすぎてるような気がしてならないのです。

TRACKBACK

Trackback URL:

コールドケース4 第8話 ホタル

  • URL
  • 2008/09/03(Wed)
Cold Case 4 #8 Fireflies 1975年。フィラデルフィア白人居住区に黒人のピアス一家が越してきた。 少女シュリース(ジュディス・スコット/ギャビー・ソレイユ)は住人たちの妨害にあいつつも、 隣人の白人少女メラニー(サヴァンナ・シュテリン)との友情を育んでいた。永遠と1日友達。 だが、メラニーはある晩、行方不明になった。現在、同地区の郵便局員が、 黒人家庭への郵便配達をボイコットしていたことが局員の死亡によりわかる。 中にメラニーからシュリースへ宛てた、「トロールに捕まった」というは...

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]