忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

OZ−3「神様」

オルトラーニ殺害事件とその実行犯への報復殺人。イタリア系と黒人グループの報復合戦になりそうな。そこで知事はFBIを捜査に招く。
黒人リーダーのキーンは心を乱していき、サイードに救いを求めイスラムグループへ。そんなキーンをみんなうっとうしがる。黒人仲間も。オライリーはまっとうになったキーンが一連のことに口を割るといけないと思い手を打つことに。看守を抱きこんでキーンが加害者となる暴行死傷事件を起こす。キーンは独房でも祈り以外口にしない。
赤ん坊なんてどうでもいいと思っていたミゲルに赤ちゃん誕生。写真を皆に見せてうれしそうに自慢する。でも数日後に重病であることが発覚。自慢ばっかりしていたからこんなことになっちゃったのかなあ、と神父に告白する。夜中、ナイフで自分を傷つけるミゲル。

後に幾度が登場する神父とミゲルの関わり。ここが発端だったのですね。自慢をしすぎて罰があたったのならその自慢のものを傷つければ神様もなんとかしてくれるのではと考えたのか。
神父に告白のシーンがもう一人。お父さんを食べてしまってお母さんは感謝祭のためにとっておいた青年。自分なりに勉強して「カトリックは、キリストの血や肉を食べる宗教」と一部分に固執した理解をしてカトリックに改宗したいと申し出る。人を食することがいけないとわかっていない。彼が入るべきところは刑務所ではなく医療的なケアを受けられるところではないのか。悪いことの自覚がないと更生のしようがないと思うけど。後半に登場するライアンの弟シリルもそうだ。

キーンの出来事。「目を開けてものを見るのが恐い(だっけ?)」とサイードにすがる。今まで犯してきたこと、被害者にすまないと思う心。これが更生への一歩なのに、本来そうでなければならないのに、そういう気持ちを持つと腑抜け扱いされてしまうのか。それまでリーダーだしなあ。
看守にしむけられても「暴力は使いたくない」と言えていたのに、結局向かってくるものには応戦してしまう。更生したいという心が皮肉な結果になってしまった。

刑務所内にジムは必要か?
ランニングマシーンくらいは許せるけど、バーベル、ダンベル等直接武器になるものを置くのはどうだろう。グループ間でのいがみあいを危惧する前に刑務所は材料を与えちゃってることに気づいていない。それとも冒頭でマクマナスが言っていた基本的人権に基づいたチョイスなのか。
いつもジムの場面になると「喧嘩か?」と期待(?)してしまうよ。コントのセットじゃないんだから。



確かに… (ゆうき)

2005-11-04 20:29:09

TBありがとうございました。こちらからもさせて頂きました。
確かにジムのダンベルとかって武器になりますよね。実際それで殴ってたし。
ミゲルのナイフもマズイんじゃないかと後で気が付きました。
お父さん食べちゃった彼の入所といい、OZが何をしたいのかまだよく掴めません。



ゆうきさんへ (yasishi)

2005-11-05 11:23:07

TBありがとうございます。
OZが何をしたいのか、そうですねえ、よくわかりません。責任者のマクマナスが迷走していくことを考えると誰にもわからないような。
「実験的更正プログラム」この言葉につきるのでしょうか。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]