忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

SAW

SAW ソウ DTSエディション

医者が目を覚ますとそこは古びたバスルーム。片足は鎖で一角に繋がれている。対角には同じように繋がれた男、アダムがいた。何がなんだかわからないでいると、それぞれに宛てられたメッセージを発見する。
アダムは除き屋とののしられ、医者にはアダムを殺さないと家族も危ないよ、制限時間は6時まで(そのとき10時)、というものだった。
脱出しようと試みたり、拉致されたときの状況等から医者は自分が犯人扱いされた一連の事件とのつながりを考え出す。

その一連の事件の描写が恐かった。剃刀の張り巡らされたところへ突っ込んでいたり、体に可燃性の物質を塗られていたり。生還者もいたけれど助かるためには酷いことをしなければならなかった。
同僚が死んだことで事件に執着しすぎておかしくなってしまった元刑事も今バスルームに監禁されている事件では犯人候補かと思わせたり、こっちも考えが振り回された。
医者の妻子を拘束していた病院の雑役係が登場した時は、こいつか! と思う反面、何か違和感があった。精神構造や執着心はそういうこともあるだろうと思えるが、けっこうな経済的な投資も必要であったはず。果たして彼に可能だったのか、と首を捻っていたら案の定!

最後まで飽きさせない展開で、楽しめた。
でも、みんなあんな恐い思いをするほどの悪いことをしていたかしら。真犯人はそう思ったんだろうから仕方がないか。

内容と直接関係ないが、鎖で繋がれている医者が壁を壊して粉だらけになって急に老け込んで、絶望で横座りになっている姿が「有川周一さん」に見えて困りました。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]