忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

L&O:性犯罪特捜班2 #6「幻想との狭間」  Noncompliance

雑貨店の店員マギーがレイプされ殺された。店の外にはナイフで刺され性器の一部を切り取られた男が倒れていた。カウンセラーとして研修中のマギーにストーカー行為を働いた患者による犯行と思われたが空振り。服薬を拒否している変わった患者として名前の挙がったマークをたずねると、彼は血まみれのナイフを持っていたため容疑者と目される。しかし意識を取り戻した刺された男の言動が不自然で周辺を調べると、彼こそがマギーのレイプ殺害犯でマークは目撃者で犯人を刺したのだということがわかる。が、統合失調症であるマークに証言してもらうには、拒否している薬を服用してもらい「しっかりした状態」であることが必要だった。

録画しっぱなしだけど、時々思い出したように見ているSVU。重すぎる話が多いのでこのくらいが調度いいのかも。
今まで、精神に病気を抱える人を排除したり危険人物と見做してきたつもりはないが、その根底には「薬を飲んで治療に積極的になるべき」という考えがあったのだと思う。
正直、服薬を拒否する権利を主張する母親を見て「無責任」という言葉もチラついた。
母親はマークの病気を理解して暴力性はないと言っていたことは信じる。
しかし、マークが薬を飲めば変な言い方だけどもっと普通の生活ができるのではないか?と(ベンソンもかなり強くこういった意見であるように描かれていたと思う)。
でもそれは正しいとはいえなかった。
薬を飲んで普通であることを強いられたマークに、現実とはあまりにも過酷な場所だった。
店内にいたのにマギーは自分に助けを求めなかった、マギーはこんな姿を見られたくないだろうからできるだけのことをしてあげた、薬で妄想から切り離されたマークにはこの現実が圧し掛かりとても耐えられず首を吊る。
スコーダが服薬によって注意すべきと挙げたことが起きてしまったわけだ。
ベンソンのお悔やみの言葉に「地獄へ落ちろ」と返した母親の気持ちは私たちには想像しきれない。
私は息子の病気をわかろうとがんばってきた、なのに薬で形をつけようとしたあなたたちに屈したなんて悔やみきれない、と自分をも責めていたことだろう。
薬が有効な人だってもちろんいる。しかしそれは全員に当てはまることではない。
「○○だから△△」というわけにはいかない、精神の病気と向き合うことの難しさ、人としてふつうに生きるとは?と考えさせられるエピソードでした。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]