忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

CSI:NY−16「口止め」

マック&ステラ
コンテナに押し潰された死体。調べていくと更に空きコンテナに死体を発見。
現場で聞き込み捜査をしても、
作業員が皆お互いを監視し合っているようでたいしたことは聞けない。
それもそのはず、現場のボスであると同時に、荷物の横流しとしての側面も知っていたから。
結局は欲をかいての仲間割れ。
ニコライは花屋よりの似合ってました。
証言した人が解雇されたのを、復帰させてあげるなんてこと見たことないシーンでした。
「そんなこと証言しちゃって、危なくないか?」
なんてこともそのまま素通りなことの多いドラマの世界。
アフターケアまで見せるなんて、それがマックのキャラクターということでしょうか。

ダニー&エイデン
道端に捨てられた女性の死体。
きちんと縛られていた後から、ある趣味が想像される。
SM愛好者のグループを突き止め、二人が潜入捜査!
犯罪に絡んでいなければどんな趣味であろうと自由だけれど
理解され難いだけに、皆さん口が堅い。
ルールを守っていればよかったのに、文字通り暴走してしまった夫の犯行。
それでも主催の女性は最後まで口を割らなかった。
犯行を隠すというよりも、他のメンバーを守りたいためか。
ダニーとエイデンはとても楽しそうでした。

外出のホークス先生もとても楽しそうでした。
しかし、何故にヘラを持って歩く姿がスローモーション?
いや、楽しめましたけれどね。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]