忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

ER14 #13(303)「命のつぐない」 Atonement

湖に落ちた少年とそれを助けようとした老人トルーマンの話。
トルーマンは前立腺癌が転移していて残された人生は少ない。その少ない時間をかつて自分が命を奪った人の家族に捧げようとしている。彼は殺人者ではなく、刑務所のドクターであった。死刑執行の際、薬物を注入して死亡を確認することも仕事のひとつだった。
ある日、カテーテルのミスでなかなか執行に至れなかった男がいた。半年以上経ってから冤罪であることが判明し、カテーテル事故が死ぬべきではないという神の啓示だったのに気付かなかった自分を責めてきたようだ。
これは伝えてはいけない。執行を決めるのは彼の仕事ではないのだから。
薬物よる処刑は、死刑囚には苦痛が少ないのかもしれないが、逆に執行する側には自分が命を奪うのだという事実がつきつけられることとなる。それが冤罪だったと聞かされれば…。
トルーマンが助けようとした少年の父親も死刑囚。少年の命は助かり、事実を漏れ聞いた母親はお礼は言うものの「絶対に許さない」と。これはお門違いだ。老人は仕事をしただけ、できないと言えば他の医者がやってくるだけのことだろう。
この前の「クリミナル・マインド」でも、連続殺人犯が薬物注射でなかなか死ななかったという話を見たばかり。彼は本当の殺人犯だったのだから、スムーズにいかない執行が必ずしも冤罪の啓示ではないとトルーマンに教えてあげたい。
彼と牧師ジュリアとのやりとりは、前回の「信仰」と前後編のような感じだ。神はそれぞれの心の中にいて、同じではないのだ、と思う。そうなるとジュリアの存在する理由ってわからなくなるのかも。もちろん、最期に牧師の口から神の赦しを聞くことを望む人もいる。でも導く人であっても代理ではない、そんなことわかっているけれども。
前回、いつの間にか息を引き取っていたおばあちゃんのことを幸せだったはずというジュリアにゲイツは疑問符だったんだな、と今日の彼にそう感じる。それでサムが気になってしょうがないのか、というとイラっとくる(笑)。

トルーマンに、少年を助けられる機会に立ち会えたのだと、その意味の大切さを語るプラットは立派になったなと思う。それなのに、ベティナには男としては未熟だと思われて捨てられてしまうわけだ。

整形だけでなく、今日は外科も暇だったのですか。ホッケーの試合は整形VS外科。新しい研修プロジェクトでERからモリスがたまたま外科に出向中だったので(ウソ・笑)その妙技を披露。彼は歌手でもあるし、ホッケーもこなし、多彩な人なのですね、モリスなのに(笑)。
リハビリ室でのスカイとドゥベンコとか、それを見ても何もつっこまない整形&外科ドクターたちとか…もういいです。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2010/01/18(Mon)20:56
  • Edit
刑務所絡みの話になるとどうしても真剣になってしまうのはまだOZを引きずってるからなんですが(汗)冤罪という言葉を聞くたびに死刑制度は廃止してもらいたいと強く感じます。死刑が執行されてから間違いだったでは許されないし。
トルーマンの苦しみ。死刑執行が仕事だとはいえ割り切れない部分もありますよね。正しい裁きがなされるように、CSiもL&Oもその他もろもろのクライム&法廷ドラマのみなさんも努力していただきたいものです。
モリスは本業より別の部分で頑張ってる時の方が素敵だったりして(笑)

Re:Garotoさん

  • by カクテキ
  • 2010/01/21 12:39
私も刑務所話が登場すると必要以上に喜んでいる自分を見つけます(笑)。
トルーマンのような、量刑に関わっていないのにその命を決めるという仕事のストレスを考えてもみませんでした。
冤罪であることは彼だけには知らせてはいけないような気がしました。
しかし、冤罪を公表しないことはまずいことに蓋をするということだと思うとそうもいかないし。
>モリスは本業より別の部分で頑張ってる時の方が素敵
輝いてましたね。ホッケーに舌戦に(笑)。

無題

  • by 夢野
  • URL
  • 2010/01/19(Tue)12:36
  • Edit
「クリミナル・マインド」も死刑執行失敗エピソードでしたか。トルーマンの話、ほんと責める人が違いますよね。実行した人が一番悪いと思っているんでしょうか。
自分の夫が罪を犯した部分は棚にあげるのもおかしいですし。
トルーマンには他に納得できる答えを言えそうなんですけど。
なぜ皆言わないのか。

ゲイツがジュリアに興味をなくしたのは、前回の話でジュリアに納得できなかったからですか。その後上の空だったようですし、食事中もそのことを考えていたんでしょうね。「大きな愛」とか「兄に会わせる」など、重く感じたからかなと思ってました。

Re:夢野さん

  • by カクテキ
  • 2010/01/21 12:44
トルーマンは歓迎されないかもしれませんが、憎むのはもっと筋違いですよね。
溺れた子のお母さんが、素性を知ってもトルーマンに対して強硬姿勢なので冤罪だったのか彼女の夫だったのか?とさえ思いました。
>ゲイツがジュリアに興味をなくしたのは、
>前回の話でジュリアに納得できなかったから
ただ他の女性(サム)に目移りしただけかもしれませんが
今思うと気持ちの食い違いのきっかけだったのかなと感じます。
でも目移りの可能性のほうが大きいかも(笑)。


TRACKBACK

Trackback URL:

ER S14-#13 「命の償い」

  • URL
  • 2010/01/18(Mon)
アビーがいなかったぞ。よしよし! 湖に転落した少年を救おうとして飛び込んだおじいちゃん。 いいことをしたのに少年の母は怒っているわ...

ER14 ♯13「命のつぐない」

  • URL
  • 2010/01/19(Tue)
ベティナはプラットを連れて家探し。家を買う&一人の女性に決める、お子ちゃまプラットにはまだ考えられないようでひいてしまう。ベティナ...

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]