忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

サード・ウォッチ6 #22(131)「リアル・ヒーローたちよ、永遠に…」 Goodbye to Camelot

とうとうTWも最終回。
手榴弾騒ぎは、やはりホリス救出作戦だった。手榴弾だけでなく、外へ避難しようとしたところに銃をぶっ放すというのは、救出以上の恨みを感じる。今頃になっての取り引きなど遅いというクルーズへの警告でもあったのだろうか。それにしては警察署全体をあんなことにする理由が…?やっぱりわからん。
自分に対して仕掛けられた報復と感じたクルーズは、表向きは捜査の指揮を他部署に譲るようなことを言うが、ボスコを伴ってホリスが署から電話した隠れ家へ向かう(いつ、どうやって通話先調べたのさ?)。自宅の武器庫から銃や手榴弾を持っていくのも忘れない(警察に長くいればこのくらい集まるって!・笑)。連れてきたボスコは連絡係に車中に残し、丸腰(見せ掛け)で一人ホリスと会談。決裂するや、「あんたの方法でけりをつける」と手榴弾のピンを抜くクルーズ…自爆ですよ。自宅武器庫からこっそり手榴弾持ち出した時にもう覚悟を決めていたのでしょう。…なら、ボスコにそんなところ見せないで!!(笑)

この自爆攻撃でギャング戦争と警察の争いはとりあえず終結。しかし55分署の被害は激しく、場所を移して立て替えられることになる。
1ヵ月後、それぞれに他分署への辞令が渡される。デイヴィスとブレンダンは防犯課、ボスコは犯罪多発分署でパトロール警官、フェイスは重大犯罪課へ。サリーは、これを機に引退。この分署しか知らないサリーにはそれがいいのかもしれない。
スワースキーの噛み締めるような「サードウォッチ、解散」を最後の言葉にしてもよかったくらいだ。

この辞令の日はカルロスとレヴィーンの結婚式。式前、カルロスは絶対に会っておきたい人ドクのところへ向かう。精神を病んでしまったとはいえ、カルロスにとってのドクは仕事上でも父親同然。治療の甲斐あって落ち着いてきたドクは、カルロスの言わんとしていることを受け止め「毎日愛すること」の一言と深いハグで応えました。どんな理由での退場だったにしろ、これはTWの最後には必要なこと。カルロスとデイヴィスが救急と警察のそれぞれ新人として着任して始まったのだから、どちらかのゴールも必要だったと思う。
結婚式に、ジミーとキムの姿もありましたね。キム退場の時にジミーが姿を見せないことを残念に思ったのでこれはよかった。

話は飛んで、サリーが語るそれぞれのその後。
スワースキーは市警副本部長まで勤めて引退、デイヴィスとブレンダンは最強のコンビで検挙率に貢献している、モンローは市議会議員に立候補、ボスコは犯罪多発地帯で相変わらず犯人を追いかけ、フェイスはミラー刑事と一緒に住む予定、カルロスとレヴィーンはスタテン島の大きな家で三人の子どもと暮らし(実は金持ち?)、グレイスはブレンダンとの結婚後妊娠をきっかけに救命士インストラクターに、クルーズの墓には毎日バラを供えに来るサンチャゴの姿が、そしてサリーは魚に逃げられながらも悠々自適な生活。こうして6シーズン続いたサード・ウォッチに幕が下りました。

途中から消防の出番ががくんと減って(最後のサリーのモノローグで、ウォルシュやD.K.の報告というのも…)、せっかくの新人君も見せ場がほとんどなかったのは残念。
それでも、ボスコという希望があったから見続けることができました。彼のまっすぐなところが大好きだったなあ。いつまでも新人よりも青臭いのは、警官として問題かもしれませんが(笑)。
どうよ?ということが多々ありながらも、人間ドラマとしてとても楽しめるものでありました。
さようなら、サード・ウォッチ!

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2010/02/12(Fri)21:35
  • Edit
お疲れ様でした!!
私が観終えてからはもうずいぶん長い年月が立ってしまった気がしますが、でも振り返ると懐かしい思い出です。
S6の頃はキャンセルが決定して撮られていることがわかっていたので、頼むからすっきり納得いく終わり方にして欲しいとそればかり願っていました。その点ではこの終わり方は理想的。新人カルロス君が一人前になったんですから。
そしてドクとの再会にしみじみさせられました。
最近いろんなドラマでブレンダンの姿を見ますが、そういえば55分署の一員だったんですよね。やはりオリジナルメンバーの方が愛着があって、私にとってはボビーの方が大切な存在です。結局救命士が好きでした♪
ボスコはTW後あまり姿を観てなくて…どうしているのでしょう?

Re:Garotoさん

  • by カクテキ
  • 2010/02/13 09:45
カルロスとデイヴィスの着任から始まって、カルロスのゴールで終わるという成長物語としては最高のエンディングでした。
本当に成長できたのかには、触れずにおこうと思います(笑)。
でも、ドクへの報告と助言を求めに病院へ行ったことはカルロスが立派になったという証明だったのかもしれません。
すさんだ事件ばかりが強調されるようになった後半ですけれど、最初はもっとメンバーたちの内面ドラマもありましたよね。くっついた、離れた以外の。
ああいう話がなくなったから、新人はいまひとつ思い入れに欠けます。
ボスコの人、私もクリミナルマインドでの壊れた人しか知らないのですが、いったいどうしているのでしょうか。
ボスコのままでNYを走り回っているのなら、それでもOKです(笑)。

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]