忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

CSI:NY−18「狙われた委員会」

マック&ステラ
高層ビルでの銃撃事件。
警察の暴露本のようなものの出版前夜のパーティー会場。
警察内部の告発が主な内容のようで、前回も数人の警官が刑務所に送られることになった。
撃たれたのはその組織の委員長とダンスしていた女性。
告発の対象になっていた幹部が疑われるが、アリバイがある。
次に狙撃用ヘリの操縦係りが疑われるが、彼にも不可能。
で、出てきた指紋から内務監査の男の犯行とわかる。以前は狙撃用ヘリを使う立場にいたが内務監査に移動になっていた。
動機ですが。告発本の内容には特に関係ない。
その委員長に付き合っていた女性を横取りされたから、というトホホなもの。
しかも、撃たれて死亡した女性は人違い。同じ色のドレスを着ていたために間違えられた。
先の疑われていた幹部が捕まればそれでいいと思っていた様子。CSIもなめられたものだ。

ダニー&エイデン
ナイフで切りつけられた白タク運転手の死体。
タクシー強盗かと思われるが、銃が使われていない。
仕事帰りのストリッパーを乗せ、自宅前で降ろしたところ、
その女性が襲われたため正義感から助けに入ったら暴行犯に逆恨みから刺され死亡。
白タクというだけで、後ろ暗いことがあるはずと決め付けたダニーは、被害者の息子にきつく辛い言葉をぶつける。
エイデンにたしなめられるほど。
でも真実がわかったら謝ってましたね。
昔、父親と乗った白タク運転手に殴られたという過去を告白。良いイメージがなかったのね。
それにしても随分と熱くなってました。

イレギュラーかと思われていたチーム分けですが、こちらのほうが正規のチームのようですね。
ステラは両手にライフルを掲げたりして、相変わらずのランボーなのでした。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2006/05/10(Wed)19:26
  • Edit
大馬鹿内務監査オヤジに怒り心頭でした。
こんな小細工で殺人を隠せると思ったのでしょうか。
さらにくだらない動機にあきれ果て・・・
これが内務監査ですか?
と思ったとたんCSIさえ信用が薄らいでしまいますよね。
みんな元はお仲間なんだし(泣)

殺されてしまったけど
実はいい人だった白タク運転手さんが
唯一の救いでした。

無題

  • by yasishi
  • 2006/05/10(Wed)20:38
  • Edit
Garotoさん
動機、小細工ともに言葉もありません。
あんなもの捜査させられて金の無駄だし、気の毒ですが
そうか、お仲間ですね。
こいつは庇ってやる必要なしです。

ダニー、白タクにどんな辛い想い出がと気が揉めましたが
熱かったわりには普通の理由でした。
親切な白タク運転手さんもいるということを
ダニーは覚えて大人になりました(笑)。

無題

  • by うな
  • 2006/05/11(Thu)01:17
  • Edit
今回はあの「狙撃用ヘリ」あってのホンだったのかもしれません。
「これスゴイよ出そうよ」みたいな。
でもだったらもっと人物を丁寧に描いて欲しいですね。

>白タク事件
ダニーの熱さと若さが浮き彫りになった事件でした。
少年に謝るラストシーンでメガネを外した意味もワタクシわかりません。(サービス?笑

無題

  • by yasishi
  • 2006/05/11(Thu)09:00
  • Edit
うなさん
眼鏡を外したダニーは脚本の不手際をお詫びするためのサービスですよ、きっと!
人物や事件の掘り下げがなく、最後に犯人を登場させるだけでは
素人の書く推理小説です。
面白そうなものをみつけてきは、それを出すために話を作ってる感じがありますね。
白タク事件も、被害者運転手の人柄なんて「犯人じゃないからいい人」くらいの扱いですもの。
視聴者独自で人柄を膨らまさせる方針なのでしょうか。
ストーリーに寂しさがつきまといます。
でもドンを応援しているので見ますよ!

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]