忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア


この映画が好きで、日本でのリメイクに期待と不安を感じ、結果悲しくなったのでオリジナルを再見。
脳腫瘍と骨肉腫で残された時間が長くはないと知らされた二人が天国での会話についていくため、まだ見たことのない海を目指す。
ルディだけが見たことないと思ってたのに、最後の最後でマーティンもだったとわかるのは忘れてたなあ。
たまたま電車で乗り合わせ、病院も同じで、診断日も同じ、あげくに入院した部屋も同じだった二人、こうなったらもう行動を共にするしかない。
ギャングの車を盗んでの逃走劇に必死さも悲壮感もないのがいい。コント風味だし。
車を奪われたギャングがとことん間抜け。
確か近い頃に見た「es」でシリアスだった Moritz Bleibtreu にショックを受けたっけ(笑)。
車を盗まれて、警察官に返してもらった♪とボスに報告するも、届けるはずの金がなくなっていて大目玉。
で、ボスの経営するストリップバー(売春宿)でアニキとタオルたたみでご奉公というのも好きなセンス(笑)。
始まりはこのバー、最期の道へと通じるのもここ、意外に運命の分岐点であったことに溜息が出る。(あ、ガソリンスタンドに来るおまわりさんもだ!)。
ギャングのボスの大ボス、カーティス(Rutger Hauer)が「天国では海と太陽の話をするもの」の共感者で、見たことないのでは困るだろうとの英断を下す男気もかっこいい。
金がなくなったのは、部下が間抜けだからだものね。
警察とギャングの間抜けさと、銀行員、店員、トルコカフェの人たち等の気の良さ(笑)のバランスも好き。
中古車ディーラーの、支払い済んでから通報するしたたかさもね。
先に死しか待っていない病気モノは涙の強盗(あるいは押し売り)になりがちで好きではない、っていうか見ない。
これはその中で疾走することを楽しむ二人が好きだ。
だから、海を目の前にしてかわす「話すことがある」、「わかってるよ」はじ~んとくるのでした。

es[エス] [DVD]
「es[エス] [DVD]」
 [DVD]
 レーベル:ポニーキャニオン
 発売日:2003-01-16
 by ええもん屋.com

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]