忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

The Wire5 #10「了」 -30-

上層部の知るところとなった捏造は、みんなの利益を守るために隠蔽。
捏造に聞く耳を持たなかった上層部は、告発者を左遷。
現実の落ち着く先は決まっているのだということを改めて教えられた気分。
ぬけぬけと面通しに来たスコットに「お前も俺も最低、だけど俺には理由があった」と言い放ったマクノルティを、最後まで見た今となっては抱きしめてやりたい。
でもビーディーがいるからいい(笑)。
市長、知事、警察長、ストリート、それぞれトップが変わってもこれからも同じことが繰り返されていく、それを見つめるラストのマクノルティのシーンにはぐっときた。
これまで舞台となった団地が、港が、ストリートが次々に映され、みんなの「今」が見えてくる。
そうやって続くこの町で、マクノルティが選んだのは正しくあろうということだったのでしょう(施設に送り込んだホームレスを迎えに行くなんて泣けてきた)。
それなのにスコットは平然と賞を受け取るのだな。

バブルスが妹と食卓を囲めるなど、幸せな展開もあるけれど、ドゥーキーとマイケルにはショックが大きい。
ドゥーキーはプレッツ先生のくれた最後のチャンスを自分で離してしまったのですよ。
「これがウソだったらもう会うことない、荷物を取ってくる」は、ウソであったら立ち去ることを願っていたのでしょうに。
そうしたら今度はプレッツさんがドゥーキーを捜したかもしれないのに。
マイケルはオマーの道を辿るように、マルロの金庫番から金をいただいてましたね、いつの間にやら子分も連れて。
でも、あれはオマーだからできたこと、マイケルの辿る道とはとうてい思えない。
ボクシングジムを頼りたまえ!

マイケルがオマーなら、ドゥーキーはバブルス、フレッチャーはガスさん、シドナーはマクノルティかフリーマン、キーマはマクノルティ、といった感じで望む望まざるに関わらず轍を歩んでいくのだなあ。

ラストのマクノルティのシーンなみに次々に想いが浮かんできていつも以上に散漫。
不起訴の条件で引退したマルロが、一時期でも牛耳っていたはずの自分ではなくてオマーが伝説となっていることに腹立たしげな姿がよかったです。
オマーの望んだかたちではなくても復讐は遂げられたのだな、と。
ハークは得しすぎじゃないのか?っていうか、レヴィは全部承知でハークの働きを評価している気がする。
新市長はいい警察長つかまえたね、
フリーマンはシャーディーンと結婚したのか、
あんなに楽しそうな送別会(刑事としての葬式?)とは、マクノルティは愛されていたのだな、間違ったことをしたけれどこれは正解だったのだな、キーマの密告を含めて。
そんな思いが渦巻く最終回。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by atsumi 
  • 2010/11/13(Sat)22:31
  • Edit
フリーマンの妻、シャーディーンでしたかっ!チェックもれだわ〜(汗)愛があふれてましたね二人には。
クリスとベイのツーショット、「よぉ、あんただろマーロんとこの?」とか何とか言ってるんでしょうか。
私はマイケルは長生きはしないけど結構したたかに生き延びるんじゃないかと思います。30才くらいまでは(爆)
チーズが撃たれたとき、やたっと快哉を叫んでしまいました…ごめんよチーズ。でも「金どーすんだ」と現実的なじーさんがいたりして、いいなあ現実的でと思ったり。(よくないってば。)
それぞれができることをせいいっぱいやっていくしかないのですね。そして愛です愛。意味不明でごめんなさい〜!

Re:atsumiさん

  • by カクテキ
  • 2010/11/14 11:13
フリーマンの嫁、あれ?と思ったので調べたらシャーディーンでした。
幸せそうでなによりでした。
マクノルティもそうなれたらいいのにな、と肩にもたれるビーディーを見て思ってしまいますよ。
元嫁も心配してくれてるし。
終盤、セリフがなくなった部分からの語られていることの多さと言ったら!
ああ、ああ、とうなりっぱなしでしたよ。
とりあえず、できるだけ正しく生きていきたいなと思いました。

終わっちゃいましたね。

  • by Jasmine
  • URL
  • 2010/11/16(Tue)15:33
  • Edit
こんにちは~
ついに最終回となって、寂しいです。
マルロが刑務所に入らなかったり、スコットが賞を受賞したりと
許せないところもありましたが、きれいにまとまったと思います。
マクノリティは最後に死んでしまうのではと思ったりしたけど
ビーディと仲直りできて良かったです。
歴史は繰り返されるという結末にも納得しました。

Re:Jasmineさん

  • by カクテキ
  • 2010/11/17 09:57
終わってしまいましたねえ…
きれいにまとまらないところがワイヤーらしいというか、本当の世界の出来事のようでなんとも言えないものがあります。
よくないことをしでかしたマクノルティでしたが、血の通った人であることがうれしい気もします。
重いけれど楽しくて、とにかく濃いドラマでした。

TRACKBACK

Trackback URL:

TheWire/ザ・ワイヤーS5#60 30

  • URL
  • 2010/11/13(Sat)
本当の最後である。次のエピソードもシーズンも無い。 BSGが終わり、TheWireも終わる。私は大きなくさびが打ち込まれたような気分だ。 The Wire: Truth Be ToldRafael Alvarez Canongate Books Ltd 2009-10-01by G-Tools

THE WIRE/ザ・ワイヤー 5 #60(最終回)

  • URL
  • 2010/11/16(Tue)
ついに「ザ・ワイヤー」が最終回が迎え、最後はガス役のクラーク・ジョンソンが監督の 2時間スペシャルで、マクノルティとストリートギャングの戦いも完結。 ダニエルズたちはカルケティ市長にホームレス事件は、廃墟事件の捜査費を調達する でっちあげだったと報告し、関…

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]