忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

フロスト警部 #34「愚かなる報復」 Dead End

あるご婦人がバスの運転手を見て驚く。
なんと彼ハリソンは数年前トラック運転手だった時代に、運転ミスで歩道に乗り上げ死傷事故を起こしていた。
刑務所に服役中だったはずなのに、過失とされて経歴に傷のない状態でバス会社に採用されていたのだった。
後、仕事を終えたバスが車庫に帰る途中に襲われ、運転手ハリソンと車掌ジェシカが連れ去られるという事件が発生。
バス会社社長は、昨日遺族がハリソンの採用に抗議に来たと告げる。


この復讐事件だけで一本のお話になってもいいと思うのですが。
ピエロ恐怖症事件は必要だったのかな?すごいあっさり解決してたし。
警部が財布を盗まれた話もどうだったのだろうか。
暗証番号メモを財布にしのばせているって、警官として問題アリだ。
まあ、デントン署は重大事件から日常の揉め事までいつも大忙しというのが小説のスタートだったので、そこを受け継いでいるのかな?といまさら思う(笑)。

バス運転手への報復事件はひどかった。
いくら過失でも同じように車を運転する仕事に就くハリソンの神経もわからんし、最後の最後で「ハンドルがすべったのではなく、携帯電話を見ようとした」と白状してるのも。
「携帯見なければ大丈夫」と自信があったのか。
あの態度を見てると「自分には運転の仕事しかない…」というのはうかがえないなあ。
監禁場所を突き止めて乗り込んだところは、一人車の見張りとしてその場に残したのを評価しますが(ウィーン警察は見張りをつけなくて犯人逃しちゃったからね)、具体的な居場所を問い質さずに引っ立てるだけの警部には違和感でしたよ。
これじゃ、マーシュが捜査方法で意見したからデントンに左遷となったというのも一概に彼女を責められない、そんな気がしてくる。
その後の展開ありきと承知はしてますが(笑)。

車掌のジェシカはとんだ巻き添え被害者。
お付き合いが広かったのは犯罪なわけではないし(社長が大急ぎで彼女との写真を処分してるの笑った)、別れたつもりの恋人が半ストーカー状態だったのも愛されていたが故(ホントか?)、そしてインシュリン注射が必要なのに薬なしで監禁され高血糖昏睡状態、こんなひどい扱いされるなんて気の毒すぎ。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]