忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

フロスト警部 #41&42「さらば フロスト 前後編」 It the Dogs Run Free Part1&Part2

ジョージっ!!!!!(泣)
こんな終わり方って!
「他に人生の楽しみを持っていた自分と違って仕事人間の私を気の毒がっていた」という警部の告白がありましたが、ジョージこそ警部のお守りの人生だったような気がしますよ。
以前大怪我した時の奥さんの煮えた怒りを思い出すと、警部は一生恨まれ続けるのではないかと思いましたが、命をつないでいる機械を止める時には立ち合いを望んでくれたのでやっぱりジョージという人をわかっていてくれる奥さんだったのだな、と…。
事件も事件で、ドッグレースの元締めを追う事件では子どもたちが命を落とし、それを処理するはずの弁護士は法律事務所の仲間ごとアレで(笑)幼い命が危険にさらされるし、極めつけは資料室アーニーのよきパートナーになりそうだったジェニーが警部を親の仇と見ていたなんて。
今回の日本での最後の区切りのスタートも警部の過去の清算ともいえるような事件でしたが。
なんというか、警部に新しい人生を踏み出させるため、全てに終わりをつけたような気がします。
でもね、それがみんなのハッピーエンドでもいいじゃない。
「目も合わせない時もあったけど信頼していた」という署長の言葉で送り出してあげたっていいじゃない。
どんな苦いことがあっても我々の日々は続いていくのだという、人生を教えてくれたのだとしても…。
警部の幸せがジョージの犠牲のうえにおとずれたというのがシリーズを通してのジョージという役の位置づけを再確認させられたような気がしてしまいましたよ。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]