忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

「タンゴステップ 上下」 ヘニング・マンケル

タンゴステップ〈上〉 (創元推理文庫)
「タンゴステップ〈上〉 (創元推理文庫)」
 [文庫]
 著者:ヘニング マンケル
 出版:東京創元社
 発売日:2008-05-23
 価格:¥ 1,029
 by ええもん屋.com
タンゴステップ〈下〉 (創元推理文庫)
「タンゴステップ〈下〉 (創元推理文庫)」
 [文庫]
 著者:ヘニング マンケル
 出版:東京創元社
 発売日:2008-05-23
 価格:¥ 1,029

善悪を超えた意志の強さを感じる。
親を殺された復讐劇であることは早いうちに語られるが、そこから私の知らないナチの思想へと広がりをみせる。
かつてのパートナー、モリーンの死を知ったステファンは、病気休暇中に自分の病気から逃れられるかのように権限のない捜査へと入り込んでいく。
ここら辺、規則的にどうなのか?と思わないでもないが、地元の警官との関わりはステファンという人を知るのにかなり大切なことだったと思う。
病気のことでいっぱいいっぱいなのに敢えて捜査に加わり、そしてやっぱりところどころで感情爆発、生身の男だと感じらる。
ステファンは一応の解決をみた後、治療を終え、モリーンの死を「過去に追いつかれた」と表現する。
この言葉はとても重い。
モリーンの娘がその過去を踏まえての未来に力を注いでいたのだと思うと皮肉で哀しい。
最後のイギリスへの旅で、モリーンというパズルを組み終え、それを新たな自分のスタートとするステファンをヴァランダーはちょっと見習った方がいいと思った(笑)。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]