忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

ER15 #19「あの時再び」 Old Times &#20「2499」 Shifting Equilibrium

「あの時再び」 Old Times
若い女性が「アパート前で赤ちゃんを見つけた」と連れてくるが自分で産んだ子のようだ。
スタッフの誰もその可能性をもたないのが不思議。
赤ちゃんを見ると自然とにこやかになってしまうからだろうか。
チュニーは「部長のことが好きみた~い」とオダテ上手だし。

なんといってもこの回はベントン、ダグ、キャロルという懐かしい顔が重要な役割で登場することにつきる。
カウンティから臓器を受け取りにきたときいて懐かしさを感じるものの、ダグが挙げる名前をサムたちは知らず、サムたちの挙げる名前をダグは知らない。
新旧主要メンバーのかぶらなさ(=出入りの多さ)を物語ってますね。
唯一共有できたのがアンスポーというのも(笑)。「よろしくいってくれ」(笑)。
ダグとキャロルの二人は、今もというか今だからこそ順調な生活のようで。
ダグは小児外科医、キャロルは看護師ではなく移植コーディネーター?病院内ソーシャルワーカー?のような仕事で家庭とのバランスもとれている、そんな背景が想像できてよかったでございます。
ベントン先生も、息子の成長、クレオとの生活も安定、一般外科医として大きな病院に復帰し(カウンティ復帰は選択肢になかったのか?)、家庭も順調。
かつての弟子カーターが移植手術を待つ身だと知っても深刻な表情を見せずに、飄々として目の前でエネルギー補給バーを食べるのとか見事でした。
手術室にまで立ち会って執刀医にねちねち詰め寄る姿は懐かしくもあり(そんなイメージなかったはずだけど・笑)。
ところでダグ&キャロルもベントンも、家庭も仕事も順調ってことはカウンティに魔が潜んでいるということか…。

スーザン・サランドンがバイク事故少年のおばあちゃん、アーネスト・ボーグナインが妻の付き添い、とせっかくの豪華ゲストなのにかつてのスタッフの登場に薄味にしか見えなかったのが残念(決してそんなことないのに)。
それにしてもこのエピソードの出演料が心配(笑)。

豪華ゲストもさることながら、またもやお母さんの移植手術となったルーシーちゃんも印象的。
伝えるブレナーに顔も向けないのは里親に失礼な態度をとった彼に怒っているのかと思ったが、ルーシーちゃんはもっと大人で、この前手術ができることを喜んだらあんなことになってしまったことに胸を痛めていたからなのでした。
手術ができるときいても、心臓が到着したのを確認しても、固い表情。
新しい心臓を得たママに会えるまでは喜びすぎてはいけないと自らを律しているようで健気でした。
カーターのところも、ルーシーちゃんのママのところもそうでしたが、患者を病室に迎えに行く移植手術のスタッフって喋っちゃいけないのかね?(笑)

「2499」 Shifting Equilibrium
ニーラのカウンティ最後の日。
手放したくはないけど外の世界も見るべきだという ジレンマを脱したドゥベンコがステキでした。
今度はきっとアンドルーを立派な外科医に育ててくれるのでしょう。
ERではフランク主導で密かにお別れ会準備中(外科は?外科ではないの?)。
フランクはニーラが来た頃失礼な事ばかり言っていたけど、倒れた時に「主人がいつも褒めてるニーラってあなたね」 とか奥さんにばらされてからおとなしかったですよね(笑)。
あんなに一生懸命になってニーラのことがかわいかったのかね。
でもインドにこだわりすぎ。
ガンジーのくす玉から何が出てくるのか見たかったよ。

お別れ会にも姿をみせないブレナーは空港に追いかけて、別れはつらいが人として踏み出させてくれたことに感謝という美しいお別れでした。
でもねえ、ニーラまっすぐレイのところに行ったでしょ。
友だちとしてじゃないよね。
ブレナーが傷ついただけではなく感謝してるんだからまあいいか。

今シーズン明らかになった、去りゆく人のネームプレート。
ニーラは下からちょっと上のあつらえたかのような無難な位置に。
背伸びして一番上に張り付けたあの人の隣にするのでは?とちょっぴり期待していたので肩透かし(笑)。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by 夢野
  • URL
  • 2011/03/03(Thu)14:10
  • Edit
先々週のERは豪華でした。カクテキさんの、カウンティを出た人は順調という指摘にウケました。カウンティは鬼門なんですかね~。

赤ちゃん見るとにこにこ顔になるんですね。私には、あんまり赤ちゃん抱かせてーとか無い感情なので、デクスターがハリーに教わったように、自分の中にそうすればいいのね、と刻みました。

ニーラってマイケルにゲイツに、ブレナー、そして結局レイに行ったわけで、悪女ですよね。自分では自覚がなさそうなのが怖いです。

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2011/03/04 10:23
だいぶ放送に追いつけました。
あの時~は本当に豪華な出演者でした。
ギャラが心配で、こっちがそわそわしてしまいましたよ(笑)。
>カウンティを出た人は順調
アビーとルカのところも大丈夫そうだし、おそらくウィーバーも幸せかも。
コーディ先生もかわいかったし、
みんなカウンティを出たからなのかもしれないと思えてなりません。
でもカーターは…と思うとそうそう言い切れない気もしますが
カウンティの近くに医療センターを作るからというコレがいけないのかもしれません。
ニーラの選択もきっと正解なのでしょうが、
上の理由を突き合わせると彼女にはカウンティを出て欲しくなかったなという鬼の感情が芽生えます。

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2011/03/05(Sat)12:35
  • Edit
もう残り1話になってしまって寂しくて…
特番レトロスペクティブが楽しみです。また懐かしい顔ぶれに会えるのかな。
ダグとキャロルの再会は本当にうれしかったです。特に毎週グッド・ワイフでお疲れなキャロルが幸せそうだったのにはほっとさせられました。
ベントン先生のカーター君への親心も相変わらずでよかったです。
そしてさすが二ーラは最後までウザニーラ。そこでやっぱりレイかよ!とかなりブレナーに同情しちゃいました。

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2011/03/06 09:59
あのERが本当に終わってしまうというのは未だに信じられませんが事実なのですよね。
ダグ&キャロルとベントン、それぞれのカーターへの関わり方がそれらしくて安心感を覚えました。
やはりオリジナルメンバーで作った「場」というのは強いなあと感じます。
それに比べてニーラパート、やっぱり私には彼女が有難がられている理由がよくわかりませんでした(笑)。

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]