忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

「水の時計」 初野 晴

水の時計
「水の時計」
 [単行本]
 著者:初野 晴
 出版:角川書店
 発売日:2002-05
 価格:¥ 1,575
 by ええもん屋.com
臓器移植と尊厳という重いテーマなのに、どこまでもピュアだ。
第22回 横溝正史ミステリ大賞の大賞受賞作ということで巻末には選評が掲載されている。
この選評を読むのも大好きだ。
選考員のうちのお一人が「今の世、セックスを脳裏に浮かべないティーンエージャーがいるとしたら、お目にかかりたいものだ」とおっしゃっておられます。
小説冒頭に挿入されているように、オスカー・ワイルドの「幸福の王子」を下敷きにしているのならティーンエージャーであろうとなかろうと「あり」だと思う。
ピュアな心を前提にした、ミステリというよりもファンタジーなのだ。

心臓をもらうことを拒否した恩師の物語は現実味があったようにも思う。
しかし、昴の高校受験のエピソードはちょっと問題あり。
よかれと思ったのでしょうがベテラン教師はそこまで考えをめぐらせるべきだったなあ、と(ここ、「OZ」でマクマナスがミゲルに仮釈放審査を無理強いして絶望に突き落とした話を思い出してしまった。どこまでミゲル好きなんだか…)。

選評によると、受賞の前年も初野さんは「しびとのうた」という作品で最終選考に残ったらしい。
読みたいが、「改稿して出す予定だったが没にした」とその後のインタビューで答えるのを読んで少しがっかり。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]