忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

最近見た「主任警部モース」

#15「魔笛」
コーラス仲間で好意を寄せている女性が殺され、第一発見者となったモースがどんどん疑われ出して停職に追い込まれるという話。

以前逮捕した詐欺師ド・フリースによる復讐だったのですが、追い込まれるモースがルイスに「ありがとう」などと言うのが聞けてたいへんに意義のある一話だったと思います。
殺された女性の家からモースの私物が見つかるのですが、そんなところにパンツを広げておくかね?というモースには有り得ないことが次から次へと出てくるのに疑惑が強くなるところは理不尽ながらもドラマチックでありました。
コーラス仲間の別の女性が、ド・フリースに操られるように事件に協力していたというのはわかりませんでした。
彼女、モースといい感じになるのかな?と思ったのに最後の取り調べでの変貌はさすがでした(何が?)。


#16「メアリー・ラプスレイに起こったこと」
引退するヒリアン(副警視総監?)がパーティーの後、自宅に侵入した男に殺される。
彼はこれまでの警察で関わった事件を本にするつもりだった。
犯人はその原稿の一部、未解決となっている18年前のメアリー・ラプスレイという少女の殺害事件の部分を持ち去っていた。

蒸し返されたら困るという真犯人か?
嫌がらせが繰り返されることを恐れた当時の第一容疑者か?、との展開でした。
筋は当たっていましたが真相はもっと深いところにありました。
メアリー殺し隠蔽も、メアリーの敵討ちも、父親の子どもへの愛情からなるものでした。
モースと一緒にメアリー事件を担当したドーソンの、父親の気持ちからの証拠不十分な第一容疑者への嫌がらせ、その後の償いとも思えるいたわり、メアリーの復讐にミッチェルを殺したのは間違いだと告げられて「では何故殺したと言ったのだ?」に「父親だからだろう」と答えるモース。
息子テレンスの犯行だと気付いたミッチェルが、息子に悪いことを繰り返させないよう設計士の仕事を諦め戒めの見張りとなったとか、ちょっとずつ間違ってはいるけれど子どもを思う親なればこそというエピソードで見応えありました。
というのも、メアリー殺しの真犯人であるナイーブな青年テレンスが、Christopher Eccleston だったからかもしれません(笑)。
このエピソードは1991年のものなので、私が見た中では一番若いと思われますね。
若くてもやっぱり耳たぶが…(笑)。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]