忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

「それでも町は廻っている 9」 石黒正数

それでも町は廻っている 9 (ヤングキングコミックス)
「それでも町は廻っている 9 (ヤングキングコミックス)」
 [コミック]
 著者:石黒 正数
 出版:少年画報社
 発売日:2011-08-31
 価格:¥ 560
 by ええもん屋.com

こじつければこれもホームズつながりだ(笑)。
歩鳥は探偵になりたいのだし(「ゼリー島事件」では鹿撃ち帽にマントにパイプだったよね?)、
歩鳥を天敵とみなす森秋先生はモリアーティのもじり、
ちょっと前までの著者近影は、ジェレミー・ブレットさんのホームズ風のイラストだったもの。

笑いの中のほんわか感が安心する。
歩鳥の意識してないところで解決編が廻っているのもいつものこと。
それでも歩鳥がいないとダメなのですよね。
紺先輩と歩鳥の「歩く鳥」も好きだけど、
子どものおバカさ全開の「嘘つきリッちゃんの亡霊」が特に好き。
話がつながった時、読んでるこっちも達成感を共有したよ。
人数の謎は気付いてたけど(笑)。

今回はナント、森秋先生がモテているという大事件も発生。
そしてジョセフィーヌの一人称が「おれ」なうえに、
語尾に「ポコ」をつけていないことにショックを受けた。
「ポコ」って、夢の中でのことでしたっけ?

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]