忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

OZ−34「改心」

新入りさんの多い日だった。
テレビ伝道師のクルティエ(ルーク・ペリー!)、ケラーの昔の仲間、
ヒルと馴染みのレディング、そして中国からの密航団の皆さん。
ミゲルも独房に戻ってきた。ネイサン先生も休暇明け。

クルティエは刑務所内で熱心に布教活動。神父さんだけれどお金に目がくらんでしまった罪。
今後のムカダ神父との対立が楽しみだったりする。
このクルティエのインチキ伝道(?)にシリンガーが引っ掛かる。
安らぎが欲しいんだろうけれど今さら感が強い。
シスターに被害者と加害者の対話プログラムに参加したいと申し出たことから本気らしいとうかがえる。
ビーチャーは今のところ拒んでいるが。

あそこまで押されると心が揺れるのかなあ。
でも相手は別居中とはいえ自分の旦那を殺させた男。
それさえも「私を愛していたから」と受け入れられてしまうのか。
ネイサン先生の愛情が暴走するライアンの歯止めになるのならいいのですが。
とうとうライアンを愛していると認めたわけだし。

愛しているといえばケラー&ビーチャー。
意地の張り合いもたいがいにしなさいって感じ。
嫌なら近づかなければいいのに、やたらと接近しては憎まれ口。
それもお互いに。あれで愛情を確認しあっているのなら仕方ないか。

最大の失敗は座礁した密航団を受け入れたこと。
何かが起きるだろうことは誰だって想像つく。
これは所長が決定したことではないから仕方ないといえばそうだが。
驚かされるのはモラレスとパンカーモが頭をつかってレディングを陥れたこと。
へえ、頭使えるんだ、と新鮮な驚き。
復帰したマクマナスも早速失態を演じている。
何でわからないのかなあ、黒幕はモラレスだって。
囚人の方がマクマナスの思考程度をよんでいる。
そんな節穴なのに、女性に対しては行動が素早い。
あれはダイアンやクレアを誘ったのと同じ店のような気がする。

サイードはアデビシ事件を引きずってる。
正当性が認められ、罪にはならないが自身の中では何かが違うようだ。
アデビシとつるんでいたティック(?)の改宗の願いを受け入れないのは、ビーチャーの言葉通りアデビシを思い出すからだろう。
殺したことを正当化する自分に折り合いがつけられないでいる。
改宗したい彼も、シリンガーに持ちかけた話が
サイードに断られたからなのか最初から計画の一端だったのかは謎。

所長の新しい秘書の女性、どこかで見た気がする。
しかし、所長の別居も突然だなあ。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]