忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

コールドケース7 #18&19「銃弾 前後編」 The Last Drive In & Bullet

リリーが現在担当している事件をFBI捜査官のイェーツが興味を持って殺人課を訪ねてくる。
現場を再検証して見つかった銃弾は、1980年にドライブイン・シアターで使われたものと一致していた。
イェーツはこれが連続殺人事件であることを明かし、FBIと市警との合同捜査となる。


「捜査班が乗り込んで来たりして」なんて言ってたから
「ホッチ(クリミナルマインド)来る?」とちょっと期待(笑)。
クロスオーバーエピソードでないことは知ってますけどね。

イェーツ、やな感じ。リリーにはあまり仲良くしてほしくなかったな(笑)。
彼女が事件に関わっているのはなんとなく想像できてしまったので「そうだね」としか…。
ですが、あの事件をきっかけとしてFBIに入ったり、シリアスな恋人を求めない彼女であって欲しい気もするので、ドライブイン・シアターでみんなに電話番号を教えてたのはなしかな、と。
できればバリーとは始まったばかりの恋人だったらよかったのに。
あ、でもそしたら射殺されないんだ(笑)。

社会に見捨てられたという想いから逃れられなかったお父さんは自殺、
お父さんの大切なドライブイン・シアターを踏みにじったバリーへ報復したことを皮切りに、
遺書にあった見捨てた人たちに復讐をした10代のポール。
平穏に暮らしていたものの、自身もお父さんが自殺した年齢を迎え、経営するレンタルビデオ店が思わしくなく、お父さんの時と同じように世間から見捨てられたという想いに縛られて…。
お父さんは自分をひとりにしたし頼ってもくれなかった、
ポールの連続殺人は父の仇だけではなかったのかもしれない。
お父さんに伝えたいことでもあったように思う。
ラストのお父さんの切なそうな表情が物語っている気がしますよ。

ゲストにJohnny Messner とあったので、彼がてっきり犯人かと…。
なかなか出て来なかったしね。
でも元々は彼、刑事でしたね、ってまた混同させております(笑)。

イェーツが過去にボスとワケアリだったり、ヴェラは地道に回復中だったり、
予告によるとリリーはFBIに誘われたり、キャバノーとあんなことになってたり、事件周辺もいろいろでした。
個人的にリリーはFBIに行かないで欲しいよね。
だって、こっちが終わっちゃうから再就職先を探してるみたいだもの(笑)。
スコッティがヴェラの見舞いに行ったじゃないですか。
できればジェフリーズも一緒がよかったですよ。
だって彼ら、女子高生じゃないですか、こういう時つるむものでしょ(笑)。

さあ、あとはミラーとベル検事の仲直りだ!

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by Anne
  • URL
  • 2011/11/27(Sun)15:34
  • Edit
こんにちは。
イェーツの急な登場、びっくりでしたよね。いい人なんだろうけど、
あまりにも感じが悪いので、リリーが意外に早く、
彼女になじんだのにちょっと驚きました。ボスの命令だし、仕方ないか。
事件は結構考えさせられるものだったけど、
最近はメンバーのプライベートのほうばっかり気になっています。
ヴェラはあんまり出ないし、リリーの予告のアレはちょっとやだし。
ドラマが終わる寂しさに、チームの不在が拍車をかけてる気がします。
女子高生3人組のシーン、最近あんまり見てないですよね。
終わりまでに1回くらい、そんなシーンが見れるといいですけど。

Re:No Title

  • by カクテキ
  • 2011/12/02 12:59
イェーツ、感じ悪いですが、ボスがいいならしょうがない…と諦めムードです(笑)。
チームの人のプライベートの描かれ方が、
いちいち終わりが近づいていることを思い知らされるようでつらいものがありますよね。
みんなが幸せを予感させるものであればいいのですが
ひとり危険な人がいますよね。

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]