忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

コールドケース7 #21「プロムクイーン」 Almost Paradise& #22「絆」 Shattered

プロムクイーン
1989年。フェリシアはプロムクイーンとなったその夜轢き逃げされて死亡。
20年後、プロム会場の飾り付けの備品の中から使い捨てカメラが発見され、
現像するとフェリシアが事故の15分前まで学校にいたことが判明する。
顔見知りの誰かの車で撥ね飛ばされた可能性が濃厚となり再捜査が始まる。



1993年。バッドランズで女子高校生ワンダが銃殺された。
改心したクスリの売人によりワンダを乗せた車が特定されるがそれは現副本部長の名前で登録されているものだった。
毎年捜査状況を確認に来るワンダの母親のためにもジェフリーズは副本部長に立ち向かうことを決心する。



本放送はまとめてだったと聞いたような気がしていたので2話連続視聴にしました。
でも事件は別々、連続していたのはクリスティーナ絡みでしたね。
またもや悪い男にひっかかり、薬物にまで手を出したものの今度こそ立ち直ろうと家族の元に戻って来たけれど連れ戻されてしまったクリスティーナ。
ある意味自業自得ですが「戻りたい」と思った気持ちは信じてあげたい。
子どもを抱えて途方に暮れていたというよりも、この子のために胸を張れる生活がしたかった、だから会わせる顔がないとわかっていてもリリーのところへ来たのでしょうね。
一方、お父さんの家でクリスティーナの姿を見て飛び出すリリーの気持ちもわからないでもない。
あんなに逡巡してストーカーまがいのことをしながらようやく再会した自分と違って、ひょいと姿を現せるクリスティーナに瞬間的に嫌悪感を覚えても仕方ないとさえ思う。
妹には妹の事情があったのですけどね。

突き放したものの放ってはおけず、救出に向かうとそこには赤ちゃんが。
伯母さんとなったリリーは全力で二人を守ることでしょう。
後部座席の三人は既にそんな雰囲気でしたよ。
ってことはスコッティが舵取り?それは危険だ(笑)。
手を汚さずに母親の復讐を果たした男ですからね。

ジェフリーズがずっと気にかけていたワンダ事件。
ケーキの差し入れてくるのはこのお母さんだったのですね。
ジェフリーズが警官生命を賭けても副本部長ドーティに立ち向かう意思表示時のヴェラ、ミラーとの会談、目配せもその後の行動力もナイスでした。
ボスとドーティの仲直りがこのための伏線であったとは想像できませんでしたよ。
今では、全面的に庇うことがためにならないとわかっているドーティの視線は認めてやらねばなりません。
ジェフリーズだけでなくボス=スティルマンだからこそ、
あの和解があったからこそ、遅すぎるものの正しい幕引きができたのですよね。

さてこれで本当に最終回。
チームの身辺を片付けつつ、今後を思い浮かべて楽しめるような終わり方でしたね。
家族ができたリリー。
心のパートナーがみつかったボス、ヴェラ、ミラー。
気がかりな事件を解決できたジェフリーズ、スコッティ。
全員がハッピーエンドでなくてスコッティには闇の部分があるのも好みのうちかな。
あの手段は刑事として問題だけれど、
ラストの食卓のシーンでお母さんの方からお父さんの手に触れていたじゃないですか。
手を握り返せなかったお母さんを思うとこの闇は必要悪だったと納得してあげたくなったりしますよ。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by Garoto
  • URL
  • 2011/12/15(Thu)20:32
  • Edit
7シーズン頑張って制覇しました♪
最後はきれいにまとまっていたかなと思います。
クリスティーナの赤ちゃんを抱くリリーに、家族の絆を感じました。
ついカッとなって殺しちゃったパターンが多くて惰性で観ていたときもあったけど、音楽を楽しんだり、若いころと現在を演じる俳優さんのそっくり度を味わったり、このドラマならではの見方ができたのはよかったかなと思います。DVDがリリースされないという点でも貴重な作品かな?

Re:No Title

  • by カクテキ
  • 2011/12/16 16:36
終わってしまいましたね。
>ついカッとなって殺しちゃったパターンが多くて
ちょっと「またかいっ!」と思わないでもありませんでしたが
それだからこそのCCなのでしょうね。
あれこれ言ってみても、最終的には好きなドラマでありました。
おっしゃるように、過去と現在とそれぞれを演じる俳優さんのそっくりさとかそれはないのでは…と思ってみたり、
あまり詳しくはない音楽も、大ヒットとなればその時代の自分を懐かしんでみたり、
実にいろいろな楽しみのあるドラマでした。
レギュラーキャストで嫌いな人がいなかったというのも私には珍しかったかもしれません(笑)。
次回の特別番組は消さないでとっておこうかなと考えています。

No Title

  • by Anne
  • 2011/12/18(Sun)18:07
  • Edit
こんにちは。
ついに終わってしまって、本当に寂しいです。途中物足りないときも
あったけど、それでもやっぱりこのドラマを好きだったんだなと、
改めて思いました。
リリーにも最後、誰か大切な人が現れてほしいと思ったけれど、
ずっと心が離れていたクリスティーナが戻ってきて、
そして赤ちゃんまで現れて、彼女にとってやっと家族ができた、
そんな終わり方はよかったのかも。
スコッティは黒い部分を見せてましたが、まあアルマディーヨだし、
あれくらいでいいのかも…。もうちょっと最終回、ヴェラ、ミラー、
ジェフリーズにも迫りたかったけど、いい終わり方だったのかなと思います。

Re:No Title

  • by カクテキ
  • 2011/12/21 09:53
リリーが本当に欲していたのは家族だったのだなと、今までの幸薄さが納得できるような終わりでした。
最後にきてスコッティは昔の悪さをちょっとずつ臭わせて、やはり過去は消せないのだなとこちらは間違った納得感です(笑)。
私も物足りなく感じることが多かったですが、それでも見続けていたのは好きだったからでしょうね。
これから寂しくなりますね…。

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]