忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

孤高の警部ジョージ・ジェントリー #11「裁かれる者」 Goodbye China

警部の情報屋チャイナ死亡の知らせが届く。
廃屋で酔って転んで死亡したとのこと。
3カ月前に情報屋としての関係を絶ち、立ち直るための資金を渡していた警部はその最期に心を痛め、自分なりにチャイナの死の足跡をたどることにする。
運ばれた病院の看護師は、チャイナは酔ってはおらず、服装もきちんとしていて浮浪者とは思えなかったと語り、検視報告書との違いに納得できない警部は捜査に乗り出す。

何もかもが悲しすぎる。
優秀な警察官で息子を愛する父親であるから許せなかった少年たちの反省のなさ、
その少年たちは自分らの素行の悪さが原因とはいえ両親からは見放され、
体罰が待っていると知りながらも更生施設に預けることを黙認した父親は自身も逃げ出したいと持て余し、
希望を持って赴任してきた少年更生施設教師は自分の学んできた新しい更生方法を受け入れてもらえずやる気を失い退任、
その更生施設教師と不倫を続ける妻を愛する警察官である夫は尊敬する上司とその息子を守るために道を踏み外し、
警部の言葉を受け止めて新しい人生をスタートさせたチャイナは正しい行いのために命を落とし、
投函されなかった自分宛の手紙を読み、チャイナの人柄を改めて胸に刻み込んだ警部…なんという事件だったのでしょう。
マエフリであった、「空き巣をするような乱れた警察」であった方が気持ち的にはどんなに楽だったことでしょう。
逮捕することとなった警視の「妻だけでは息子の面倒をみられない」という言葉も、
それを聞いて「警部、帰りましょう」と訴えるバッカスも、
それでも警視を逮捕する警部も、心が痛すぎましたよ。

そんな事件に新風を巻き込んだのは給茶機(撤去されるシーン、寂しそうだった・笑)と署長の女性運転手。
女性運転手はバッカスか?と思うほど積極的に警部に接近でしたね。
有能だし、見た目もいいし、子どもにも優しい、そりゃ警部は再婚相手には理想でしょうよ。
「私は父親にはなれない」、「残念、すてきな父親になれるでしょうに」という会話に「すでに手のかかる大きな息子がいますんで」と勝手に警部のセリフを付け足した私をお許し下さい。

その大きな息子は今回特に失敗なし!浮かれた行動もなし(看護師さん見てにやけていたのは除いてあげる)!それどころか、令状取れなかった農場に忍び込むのに「他の言葉は?」と聞かれて「午後休みを取っても?」と即座に反応できるくらいに立派になったと言ってあげるべきかもしれません。

もっとこの世界を見ていたいですが、これでもう今のところストックがありません、残念です。
新作は作られるのでしょうか?
それにしてもこの町の空は鈍い色をしている。晴れていても鈍色。
海辺の町の空とはこういうものなのだろうか。
鈍色の空から陽光が差すところなど内容とマッチしすぎている。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

痛々しい回でした

  • by nisemi
  • URL
  • 2012/01/16(Mon)16:41
  • Edit
こんにちは♪
痛々しい最終回でしたね…結局誰かが特別悪かったというわけではないからなおさらでした。

>「すでに手のかかる大きな息子がいますんで」
た、確かに!(笑)

この手のかかる大きな息子も回を追う毎に成長が感じられて、それも見ていて楽しかったのですが、とうとうこれでしばらくは本当のお預けのようですね。
原作があるそうですので、ドラマが見られない間せめてアラン・ハンターの邦訳が出てくれないかな~と夢想しています。

Re:痛々しい回でした

  • by カクテキ
  • 2012/01/21 14:34
悪人らしい悪人がいなくてつらいですよね。
ものすごい悪い子どもというのもイヤですが。
チャイナへの警部の想いも正しかったのに…涙ぐむ警部のところも素晴らしかったです。
原作あるのに邦訳は出てないのですよね。
こんなに大人気なのですから(一部でだけでしょうか?)どこか出すべきですよね。

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]