忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

ダルジール警視 #47&48「虚飾の家 前後編」 The Unwanted

幼馴染の結婚式のため実家に戻ったパスコーが、新郎新婦とその友人の死に巻き込まれると同時に、お母さんが不法移民を匿っていたことまで明らかになって…というお話。

ローリー農場、ひどい農場だよ。
口蹄疫を無駄に広めたり、権力拡大のための政略結婚は娘も承知だし、
不法移民を働かせては賃金払う前に移民局に通報するし、悪三昧。
これでは末娘も荒むというもの。
自分のお産が原因でお母さんが死んだと責められ、遺産の取り分もなしとされたら荒れますよ。
郵便屋さんを選んでも家に留まっているのに家族と認めてもらえていないと知って爆発しちゃったんでしょうか。
三姉妹の中では一番かわいかったのに。

というわけで、パスコーの実家のお披露目です。
農場だったのですね。
農場仕事に向いていないと「適職」刑事となって今に至るらしいです。
確かにパスコーに力仕事は似合いません。
あのご両親からどうやってあんなお人形さんみたいな子どもが産まれたのでしょうか(笑)。
口蹄疫でたいへんだった時に助けに来なかった息子のことをお父さんはよく思っていないようです。
さらには実家農場の手伝いをしてくれている従兄弟のテリーにまで疑いの目を向けられて親子関係は最悪。
でもそこは親子。
息子が苦渋の心でテリーやご近所に接したことがわからないわけでもなく、
パスコーも警視に諭され親子としての時間を取り戻そうとがんばるようですね。
…エリーにもそういう気持ちが持てていたなら。

警視は健康診断で「心臓がまずいことになるから体重落とすように」と言われてナーバスでした。
健康診断の前の晩にウィールドに電話したのも寂しくて心配だったのでしょうね、パスコーいないし。
意外とかわいいところがあります(笑)。
「社交ダンスがいいよ」とウィールドに勧められて、ステップマットをさっそく利用しているあたりも(買ったと思ってあげたいが、ウィールドのをもらったような気がする)。
がんばろうとしている矢先、捜査と診断がストレスになったのか、パスコー家に走って向かう途中、胸が苦しくなって倒れてしまいましたね。
意識が薄れていくような演出でしたが、不思議と心配にならないのは警視の人徳でしょうか(?)。
パスコー、ようやく引っ越したらしいけれど、警視の元に戻ってあげてもいいんじゃないかな?(笑)

パスコーのお母さんが「ニュートリックス」のエスター、悪徳農場主は「フィッツ」で見たことあり、
お母さんの仇のために農場の悪事を暴こうとしていたのが「マクベス巡査」の親切な雑貨屋さん、と懐かしい感じがしました。
ヘーミッシュがお金ない時、ジョックのごはんを「後払いでいいから」と持たせてくれた雑貨屋さん、あのご恩は忘れません(笑)。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]