忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

キラー・インサイド・ミー



ジム・トンプスン「おれの中の殺し屋」(小説原題「The Killer Inside Me」)の映画。
トンプスンの小説はふつうの人の、こんなにも?という壊れっぷりから目が離せないので好きな作家の一人。
映画見る前に再読しようと思ったけれど、まあ読んでることだし…(笑)。

みんなに慕われる保安官助手ルー・フォードが、娼婦を追い出す仕事を押し付けられたことから潜んでいた殺人衝動に囚われて、あれこれ画策するがどうにもならなくもつれて…というもの。
語られずチラ見えする過去、無意識に焚き付けられた復讐心、なんてことない日常、それらが積み重なって壊れたルーが出来上がるのですが、
殺人に手を染める以前も以降も、決断を迎えても、ルーの表情が変わらないのがいい。
というか、ルーは表情ないよね。
唯一あるのは、決行する時に見せるにやっとしたところか。
そんな彼をとことん愛する女たちは、彼によって狂わされたとでもいうのでしょうか。
彼女たちの愛は純真だから悲劇だよね。
確かに暴力シーンは酷い。
でもそこがルーの病的なところをこれでもかと見せつけているのだと思うと否定できない。
そういうわけで、トンプスン好きとしてはそのとおり、という感じでした。
すっごい久しぶりに「ホミサイド」のボランダーも見られたし!

それにしても、ジェシカ・アルバちゃん、すごい。
あんなに痛めつけられる汚れ役なのに、かわいすぎる!
娼婦役なんて似合わないと思ったけれど、かわいさ、無垢さがポイントになるのだから適役ですよ。


拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by あみ
  • URL
  • 2012/04/30(Mon)19:19
  • Edit
カクテキさん、こんばんは^^

原作は未読ですが、映画の方は中々面白かったです。
ルーは無表情もですが、殴る時に「ごめんよ、もうすぐ終わるからね・・・」と謝りながら、ってところも怖かったです^^;

オープニングも最高に格好良くて、観た後暫くは「Fever」ばっかり聴いていました。

そうそう、ラストの「Shame on You」を歌っているスペード・クーリーは実際に奥さんを殴り殺して服役してたらしいです^^;

Re:No Title

  • by カクテキ
  • 2012/05/02 09:34
トンプスン好きだし、ケイシー・アフレックは「ゴーン・ベイビー・ゴーン」でもいいなと思ったので期待して見ました♪
無表情で恐ろしいことしておきながらの甘い言葉、効いてましたよね。
ケイシー・アフレックの声も、いい感じに似合ってました。
そうそう、音楽もかっこよかったですよね。
ラストの曲にはそんな意味まで込められていたとは知りませんでした。
そううかがうとなおさら沁みてくる曲ですね。ありがとうございます。

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]