忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

リック、頼れるヤツを発見したぞ!「アンストッパブル」



何か正月らしいものをと、溜まっているドラマには目をつぶってこの映画にしてみました。
結果、大正解。
暴走列車の勢い、地域の安全を守り仕事を全うしようとする男たちの姿に、浮き世を忘れて見ることができました。
悲しい結末になることはないとわかっていても、ハラハラしましたねえ。
それにしても、トニー・スコット…改めてご冥福をお祈りします。

運転士デューイのちょっとした判断ミスから貨物列車が暴走、しかも積荷は横転したら爆発間違いなし。
そして別貨物列車の車掌ウィルは、家族のゴタゴタ審問会が気になり間違って車両を多くつないでしまった。
この二つが重なって、人口密集地帯&脱線必至の大カーブ線路を目指して列車は暴走を続けるとなるわけです。
ウィルが多く車両つないでしまったから側線に入りきらないというのが間抜け。
もし側線に入っていられたらもう少し早く追跡できたでしょうに。
っていうか、他に牽引車両なかったのかしら?と思わないでもないけど(笑)。
脱線器は失敗するというのも、そう思ってるなら早く理由を説明してあげればいいじゃない!
失敗してから「積荷が重すぎるからだっ!」って言われても、先にその可能性を挙げておけば検討の余地もあっただろうに。
ウィルの嫁とのエピソードが邪魔な気もした。
接近禁止命令取り付けたのに、夫の勇姿を見たらそのまま駆けつけて仲直りって、状況に酔ってるだけに見えちゃうもの。
でも、ラストでふたりめの子どもができたなんて報告があったので、勢いで接近禁止令なんて取り付けちゃったけど、この騒動でウィルがいなければならない人だとわかったのだと思ってあげることにしました。
こんなふうにつっこみどころはありますが、すべて後から思えばであって、見ながらはただただ一緒になっておろおろしながら手に汗握る満足感でした。
ただ、暴走列車を止める男たちという生半可な情報しかなかったため、「新幹線大爆破」と混同したのか、デューイが貨物列車に何かを細工した犯人なのだと思ってましたよ。
彼、アールの弟だし、そんなことできないよね(笑)。

で、タイトルにある「頼れるヤツ」ですが、ネッドです!
彼、ダイナーでウェイトレスに「はい、はい」って感じで軽くあしらわれる厄介者みたいだったのに、ほとんど最初っから最後まで映らないところで列車を追いかけていたわけですよね?
最後の最後でウィルを乗っけて、暴走列車に飛び移らせブレーキをかけることに成功です。
…これも、最初からネッドが誰かを乗っけて並走すればよかったのに…と思わないでもない。
デューイたちが失敗したところでこの作戦、諦めちゃったのかな?
で、その情報知らないネッドだからがんばれた、そういうことかもしれない。
このネッド、「ウォーキングデッド」の新入り囚人じゃないですか。
リックは仲間に入れることを躊躇っていたけれど、これなら大丈夫。
彼は十分戦力になるよっ!とリックに伝えたい気持ちでいっぱいです(笑)。


拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]