忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

エリカ&パトリック事件簿 #2「悪童」&#3「夜哭く鳥」

悪童
漁師が魚と一緒に女児の遺体が網にかかったと通報。
事故による溺死と思われたが検視の結果、女児サーラは真水で殺されてから海に放り込まれたことがわかる。
女児の近所にはかつて性的虐待で逮捕歴のある男が住んでおり、警察は彼に目を向けるが…。

難しかったです。
まず、石工さんと雇い主のお嬢様アグネスの話が大昔のことだとは、縁を切られて車で新天地に赴くところまでわかりませんでしたよ。
ここで「あれ?車の型、古くない?」と。
アグネスの服装は過保護なお父様がお嬢様風にさせている、石工さんだからそういう作業服、現場近くの小屋に寝泊まりしているから旧式な部屋、と説明つけられるし。
これで、アグネスの血をひいた女性がこの町に、そして彼女が犯人であると見ているこっちはそうなるわけですが、警察は知らないから(笑)サーラの弟の不自然に多すぎる骨折やら、パパのアリバイ、性的虐待の過去のあるサッカーコーチなどに目を向けるわけです。
サーラの両親の告白でタイトルにある「悪童」の意味が分かった時は驚きましたねえ。
何故ヒ素?とも思いましたが、それよりもアグネスの半生が見応えあったからいいかなという気がします。
彼女のお父さんを含めて。
でもさあ、マヤちゃん(エリカとパトリックの娘)をあのおばあちゃんがどうやって…という疑問は残ります。

1話で失態やらかした警官はここでも大失態。
この前は情報せき止めてるだけでしたが、今度は人の命を奪ってしまいました。
彼、何がしたかったのかしら?
どう考えたら彼を警察に連れて行くことが手柄になると思えたのかしら?
さすがの署長ももう庇い切れず、でもクビにはできずに左遷となるようです。



夜哭く鳥
車で木に激突した女性が死亡する事故が発生。
多量のアルコールが検出されたが彼女は酒を呑まない人だった。
事故ではなく殺されたのではないか?と警察が捜査を続けると、過去にも似た状況での事故があったことを発見する。


これも2話同様、過去を挿入する形式で話が進みました。
今度はおばちゃんや子どもたちが出てきたところから服装や車がちょっと違うことに気づけました。
双子姉弟の、人生への復讐だったということでしょうか。
一番思い知らせたかった母親がもうこの世にはいないと思っていたから社会悪を成敗していたものの、母親が生きていることを知ったらその目の前で心中、最大の嫌がらせというか復讐ですよね。
姉の方はもう疲れていたようですが止めるわけにもいかず…善悪は別にして姉弟の欲していた結末であったことは確かだと思えます。

並行して進むのが、署長の恋話。
ひょっとして事件関係者?とも思いましたが、単純な結婚詐欺でした。
捜査そっちのけで電話してるからこんなことに、と自覚しているのか、このまま詐欺事件などなかったかのように振る舞うつもりですね。

で、このエピソードでエリカとパトリック結婚!
夫婦じゃなかったんだ。
どうやらエリカのおなかには二人目がいるようで。
それはいいですけど、それまでのシーンからいきなりの幸せそうな結婚式は唐突な気も(笑)。



とうわけで、3話見たわけですが。
知らない国であるために新鮮でした。
もちろん警察制度とかしらないので、刑事と制服警官のコンビとか、他の警察署に行くと制服違ってたりとかも含めてお国柄なのだろうと思えるし。
でもドラマとして…どうだろうか?(笑)
シリーズものであるから、キャラクターに親しめたのは面白かったです。
マヤちゃんの子守りをしてくれた警官のおっとりしたやさしさとか、署内を守ってる女性の頼りがいとか、マーティンを優秀と認めているパトリックとか、そういったお互いを思っている感じが随所に見られて。
そして2話から登場の署長はクセありすぎ。
ずっと会ってない息子にどう接していいやらわからなくておろおろするのと、自分の話に喜んでくれる女性にかなり積極的と、対照的すぎ。
起きてる事件がこんな小さな町にしては重く苦しすぎるから入れられたコントなのでしょうか。
「エリカ&パトリック事件簿」とありますが、エリカの活躍の場ってなかったですよね。
ドラマ上では作家というのもあやしかったです(笑)。
原作未読なので機会があったら読んでみたいなと思います。
ドラマ自体、本当にこんな唐突な作りなのかを確認するためにも(笑)。
拍手で、「原作には忠実だけれどドラマ作りが下手なのかも?」というコメントをいただいたので、それも気になりますしね。
そしてこのシリーズの続き(もしくはその前)があるのなら見てみたい。
人手不足がどうなっているのか確認しないとね。

あと、パトリック見ると田中要次さんが思い浮かぶんですけど。
すると自動的に奥田英朗さんも浮かんじゃいます。





拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]