忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

6月のまとめ

なんと、2013年ももう折り返し…
どこかで日にちとか時間をごまかされている感じが拭えない。

「特捜部Q」は相変わらずのコミカルタッチとシリアスすぎる事件のバランスがとても好ましい。
ユアサの謎に少しだけ触れたカールの心痛も上司らしく、アサドを心配するユアサ&カールもよくて、シリーズ始まった時の一匹狼ぽかったカールとはいい意味で変化。
べたべたしないで適度な距離があっても近しい、そんなところが好き。
ここに今度もう加わりそうな予感がする…次作に期待?

萩尾望都さんがとても推していらっしゃる東村アキコさんが気になり、女版まんが道と対談本で言っていた「かくかくしかじか」を読んだ。




このエネルギーは気になる。
他のまんがをまったく知らない分、興味がわいてきた。
そのせいで今月号のパピルス買っちゃいましたよ、彼女の特集だっていうから。


ここらへんの書店にはどこにもなかったから買っちゃったけど、見つけていたら買わなかっただろうな…(笑)。
特集なら、インタビューだけでなく、作品リストや解説もあっていいのではないだろうか。
パピルスという本の性格知らない私がいけないのだろうけれどもさ。


2013年6月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1541ページ
ナイス数:27ナイス

特捜部Q ―カルテ番号64― (ハヤカワ・ミステリ 1871)特捜部Q ―カルテ番号64― (ハヤカワ・ミステリ 1871)感想
自国の暗部をエンターテイメントとして抉り出すところに「コリーニ事件」と同じ匂いを感じた。でもこっちはどんなにシリアスなテーマでも、主役たちのやりとりがどこかコミカルで、ギャップが相変わらず好き。みんなにいろいろあった中、カールがみんなのことを思った以上に好きなことに気づいたと自覚するところはぐっときますね。
読了日:6月26日 著者:ユッシ・エーズラ・オールスン
「二葉」物語 はじめての柴犬警察犬「二葉」物語 はじめての柴犬警察犬感想
二葉ちゃん、かわいすぎる。けど、仕事を持った犬の凛々しさもうかがえてかっこいい限りです。
読了日:6月17日 著者:秋山みつ子+秋元良平
世界の変なトイレ世界の変なトイレ感想
キレイな写真だけでなく、解説も感想も実際に使った感が伝わってきて楽しいです。しかし、使い方わからんものがあった…ドイツのあれだ。ステンレス製でシャープでかっこいいのだけれど、どっちを向くのだ…(笑)。
読了日:6月12日 著者:モーナ・E・グレゴリー,シアン・ジェームズ
ユリゴコロユリゴコロ感想
ラスト、言い知れぬ安堵と恐怖が。
読了日:6月8日 著者:沼田 まほかる
女のはしょり道 (KCピース)女のはしょり道 (KCピース)感想
はしょるどころか、かえって手が込んでいたりする。のちのち楽♪と考えての投資ということでしょうか(笑)。この本も例によっていつも慌てて汗かいてるので好き。
読了日:6月5日 著者:伊藤 理佐
かくかくしかじか 2 (愛蔵版コミックス)かくかくしかじか 2 (愛蔵版コミックス)感想
日高先生との関係に何らかの変化があっての「かくかくしかじか」のような気がしてきた。
読了日:6月2日 著者:東村 アキコ

読書メーター

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]