忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

収穫

今年、初めて苦瓜を植えました。
ここ数年、お浸し、炒め物、カレー、スープ…と食べる機会が増えてきたので、それならグリーンカーテン効果もあるし、ということで。
成長不良気味ながら、第一号がなんとか食べられる大きさになりましたので昨夜早速食べました。
やはり最初は定番の苦瓜炒めでしょう。
うちの場合は苦さを和らげるために塩もみし、材料も豚肉と玉ねぎで甘みを補い、最後に溶き卵を回しかけます。
「これだけやっても苦いね~」というのを楽しむわけですが、うちでとれた苦瓜さんは苦みが激薄。
なんとなく、家庭菜園のものって苦みが濃いような印象があったのでもろに肩透かしです。
苗にもいろいろ種類があるようなので、苦みが少ないものを育てていたのかもしれません。
無頓着なのは、苗を買うことも水、肥料やりも親に任せたからです。
彼らお得意の丸投げを受け継いだのではなく、「たくさん食べたいから植えたい」というので「自分で面倒見るならいいよ」と許可してあげたので、あえて無頓着でいたのです。
しかし案の定、一生懸命だったのは最初だけ。
親戚から子犬のまさくんを譲り受けた時を思い出しました。
気が付くとプランターはからからだったり、実がなる前に葉っぱが枯れてきたり…。
ええ、こっそり水やって肥料もやりましたよ、手遅れ気味だったけど!
やる気満々だったはずの受粉も、「蜂が飛んでるからいいね」と言っているのを聞きました。
おかげでそんなにたくさんはなっていません。
「グリーンカーテンにどうせ食べるからゴーヤを選んだけれど、とても食べきれなかったから今年は実のならないものにした」と聞いたりもするのでちょうどいいかもしれません。
しかし、グリーンカーテンとしても葉っぱがすかすかなので別の対策をとることとなりました、とほほ…。

植える時に、夢を膨らませてこんな本を買いました。



植え方、育て方、レシピやうんちく等々、ためになりました。
たくさんとれて困ったら、お茶を作ろう!と100円ショップで乾燥用のネットまで買ったのに…(←バカ?)。
この本読んでね、と渡したのだけどなあ…。

まあ、何よりも「苦瓜坊や」がかわいいのでOKです。
苦瓜の端っこを頭の部分にして輪切りにしたものをつばにした帽子をかぶって、アロハシャツを着ているのです。
この子がいろいろガイドしてくれるので、とても愉快です。
ところどころにペットらしきものが登場するのもたまりません(お盆にキュウリやナスに足付けるやつの苦瓜バージョン)。

さあ、次の収穫はいつ?
そしてあと何回食べられるのかっ?(泣)

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

やっぱり苦い方がいいですよね。

  • by atsumi
  • 2013/07/14(Sun)13:50
  • Edit
私も苦みの薄い苦瓜食べたことありますが、物足りなかったです〜苦くない苗なんてのがあるのですか?へえ。うちの親や職場の上司が聞いたら喜びそう、皆さん苦手なんですって。
ところで部屋干し洗剤、自分の愛用?洗剤がベストだったので大満足でーす!(笑)あの雑誌、全然置いてなくて本屋やコンビニを数軒回りました。

Re:やっぱり苦い方がいいですよね。

  • by カクテキ
  • 2013/07/16 15:51
切っている時はものすごく青臭さかったので、すごく苦そうな気がしたのに食べたら肩透かしですよ。
う~ん、種類なのか?生育環境のせいなのか?
確かにもうちょっとだけ苦い方がありがたみがあります(笑)。

部屋干ししないからいいや!と思っていましたけど、そもそもの臭いの原因となる成分に効果があるかないかは毎日する洗濯には大問題のような気がしてきました。
う…洗剤や柔軟剤に頭を悩ませることになるとは…(笑)。

No Title

  • by さんた
  • 2013/07/16(Tue)00:22
  • Edit
家庭菜園、憧れます~。苦味が少ないといいながら食べるのもまた楽しそう。ウチはシロが茄子やトマトを食べてしまって以来やらなくなりました。Pだと植木蜂に届きそうもないので、来年は挑戦してみようかな。

Re:No Title

  • by カクテキ
  • 2013/07/16 16:08
家庭菜園というのは大袈裟でした、苦瓜しかありませんっ!(笑)
苦みが少ないのでオヒタシも塩ゆでせずに使ってみようかな?と思っています。

そうでした、シロちゃんが庭の野菜をを食べちゃったというお話ありましたね。
トマトやナスが大好きだったのかしら?
さんたさんがまた野菜を作ってくれるのを待っているかもしれません。
Pちゃんも気になってジャンプしちゃったりして。

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]