忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

10月のまとめ

小説は二冊とも自分が生まれる前に書かれたもの。
時代を感じつつも、安心を得られるのも確か。
だって、それだけの時を経ても読んで欲しいと思えるってことでしょ(笑)。
そういう意味だけでなく、登場人物たちの「いきなり」な感じがあまりないところにも安心できるというか。
うまく言えませんが、壊れてるにしても、ちゃんとみんなと一緒に出てくるし。
派手な演出なしで伝わってくる、そういうものの方が怖いな~というか。
 
「愛しき駄文具」、やっぱりいいな~。
著者がラジオに出演されているのを聞いて興味をもったのですけど、私には買って大正解な本でした。
「どうしてこれの商品化にOKサインが出たのか?」と、想いを巡らすことができるのでたまりません。
その時の気分で違った想いも浮かんできて、噛むほどに味が出るといった感じでしょうか。
ああ、文房具屋さんに行きたい…。



2014年10月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1451ページ
ナイス数:24ナイス

今日もごちそうさまでした (新潮文庫)今日もごちそうさまでした (新潮文庫)感想
30歳までの偏食をとりもどすかのような、食べ物への愛情の深さが気持ち良いです。あとがきで否定されてますが、りっぱな食いしん坊だと思います(笑)。
読了日:10月26日 著者:角田光代
愛しき駄文具愛しき駄文具
読了日:10月25日 著者:きだてたく
悪意の糸 (創元推理文庫)悪意の糸 (創元推理文庫)感想
ある程度想像つくとはいえ、壊れた感じとそれを抱えたルイスの関係が、怖くもあり、希望を持たせるものでもあり。 読み終えてからルイスのことを思うと、けっこうくる(笑)。
読了日:10月18日 著者:マーガレット・ミラー
殺意 (創元推理文庫 (124‐1))殺意 (創元推理文庫 (124‐1))感想
読み忘れたかと思うほどのびっくりラストでした。真相を知っている故に理不尽な裁判に、う~んとなっていただけに効いてました。ビクリー博士の夢想は痛々しい…。
読了日:10月7日 著者:フランシス・アイルズ
それでも町は廻っている (13) (ヤングキングコミックス)それでも町は廻っている (13) (ヤングキングコミックス)感想
ジョセ、大活躍。
読了日:10月4日 著者:石黒正数
木曜日のフルット 4 (少年チャンピオン・コミックス)木曜日のフルット 4 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:10月3日 著者:石黒正数

読書メーター

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]