忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

「近所の犬」姫野カオルコ



犬見に精を出す著者の私小説ということで、同じようにいろいろな理由で犬とは暮らせずに近所の犬を見ることが好きなので、ついつい手を出してしまいました。
表紙も裏表紙もかわいすぎるしね。
こんな子いた、あんな子いた、というほのぼの話を想像したけれど、これが案外きついものがありました。
猫のシャアとの話のラスト一行はぐさっときました。
それに、肉球愛。
これは私も、泥で汚れた足を洗う時に感じました。
肉球をマッサージするように洗っているその手を、まさはなめてくれていました。
自分の濡れた足をなめているつもりだとはわかっていても、私の手を、自分の方法でケアしてくれているようで、幸せな気持ちになったものです。
犬バカって、ワンコと一緒だととてつもなくしあわせであるのだなあと再認識いたしました。
そんな犬好きにはよくも悪くもこたえるエピソード満載ですが、「グレースとミー」は毛色の違ったオチがよかったです。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

勘弁してくださいよ~;;

  • by ami
  • URL
  • 2014/11/20(Thu)21:30
  • Edit
>肉球をマッサージするように洗っているその手を、
>まさはなめてくれていました。
うわ~ん!またまた泣けちゃうじゃないですか~(TT)

同じく私も諸事情により犬を飼えない(飼わない)ので
家の前を散歩する近所の犬たちを、朝な夕なキッチンの窓から眺めて楽しんでいます。
姫野さんとは年齢も近い上に、「犬は好きだが好かれない」と言う悲しい性質も同じで、共感する部分が多かったです。

Re:amiさん

  • by カクテキ
  • 2014/11/21 11:21
肉球洗った話を書いたせいか、風呂に入れていたら脱走されるという夢を見てしまいました。
実際はおとなしくて、暴れることすらしなかったのに。
自分で書いておいて、勘弁してくださいよ~です(笑)。
かわいいだけのお話を期待していたから、こういう目に遭ってしまったのかもしれません。
姫野さんほど積極的ではありませんが、私も近所に友だち犬はいます。
かなりの老女なので、一度会うと早くにまた会わなければ!と思ってしまいます。

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]