忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

「アドベンチャーワールド パンダをふやせ!」深光富士男



イトコの子どもの本を借りました。
子ども向きで字も大きく、漢字には振り仮名ですが、けっこうな情報量を噛み砕いてわかりやすく解説してくれています。
「このプロジェクトを追え!」というシリーズの一冊のようですが、未知の世界を勉強したい時はこのシリーズを手始めにするといいかも。

パンダです。
パンダ、かわいいです。
たれ目のような配色で得をしているわけではなく、本当にかわいいです。
オスもメスも、後ろ姿がおっさんみたいなところもかわいいです。
子パンダがコロコロしているのがかわいいのは当然ですが、お母さんパンダが赤ちゃんをあやしている姿も、ものすごくかわいいです。
人間がするように、抱っこして背中を軽くぽんぽん、なんてしている映像を見たことがあります。
あれは、完全にあやしていました。
遊ぶとか守るとかはあっても、あやす姿はかなり衝撃だったのを覚えています。

そんなパンダが、日本一たくさんいるアドベンチャーワールドの驚きの繁殖成果にいたる取り組みを知ることができます。
この本で私が一番よかったのは、アドベンチャーワールドのパンダファミリーの家系図があるところ。
以前、パンダ好きで有名な安住さんがその複雑な系図を話しているのを聞いて、気になって仕方なかったのですよ。
あ、ネットでも確認してましたけど。
言葉で説明すると、安っぽいメロドラマみたいになるのがなんともいえません。
とにかく、アドベンチャーワールドのお父さんパンダ、永明は偉大だな、ということはよくわかりました。
そして、子育ても上手だった梅梅母さんの血を引き継いで良浜も立派なお母さんです。
昨年12月にまた双子を出産し、桜浜と桃浜と名前が決まりましたよね~。
良浜の出産は全部双子ということですね(前回は一頭は残念でしたけど)。

子パンダが一歳くらいまで、お母さんと引き離さないところにも理由があるのでしょうね。
パンダを増やすことだけが目的だったら、年に一回しかない発情期を見送りたくはないでしょうから。
でも、一回見送るから安全なお産と、すくすく成長となっているのですから不思議なものです。

ホントに不思議でかわいい動物です、パンダは。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by さんた
  • 2015/02/19(Thu)02:21
  • Edit
アドベンチャーワールド、何年か前に訪れ、思いがけずパンダの誕生会に遭遇したことがあります。みんなで歌を歌っているのに、知らん顔でうろうろする(笑)パンダがかわいかったです。パンダの顔も愛らしくて好きなのですが、コロコロしたお尻と後姿にすごく惹かれました。
飼育員さん、無事育てるのは並大抵の努力ではないでしょうね。ほんとすごいです!

Re:さんたさん

  • by カクテキ
  • 2015/02/19 12:31
そうでした、アドベンチャーワールドにお出かけでしたね。
お誕生会!それは貴重なイベントに出会われましたね。
本人たちが無関心というのは仕方ないですが、いるだけでかわいいのでOKです。
飼育員さんたちの努力はたいへんです。
体調が悪くなったのを、いわゆるパンダ団子から竹にチェンジしたらみるみる元気に!とか、さすが直に接している方しか決められないことだなあなどと感心することしきりです。
あんなかわいいものを目の前にして冷静な目を忘れないというところが、最も尊敬する部分です(笑)。

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]