忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

バトル・クリーク 格差警察署 #1「イケメンが街にやって来た」 The Battle Creek Way

待望の、Dean Winters主演ドラマが始まりました(そうだよねっ?)!
Dean演じるのは、予算不足のバトル・クリーク市警の刑事、ラッセル・アグニュー(通称ラス)。
盗聴マイクやビデオカメラの不備に、相棒のベビーモニターや子どもの発表会撮影にウキウキお父さん(無関係の他人)からカメラを失敬したり、あるもので済まそうとするアイデア捜査が身についているようです。
しかし、そのせいで危険な目にも遭うので警部に訴えると、「助っ人が来る」と。
市警内にFBIの出張所ができ、ミルトン・チェンバレン捜査官(通称ミルト)がやってくるのだとか。
人が増えたって、機器が足りないのに…と思ったら、ミルトの一声で科学捜査や捜査令状もすぐに出動ですよ。
FBIのラボにすぐ手配できるのはよきことかもしれませんが、ラスはそつのなさすぎるミルトが信用なりません。
私もです。
送別会での上官の言葉そのまま、厄介ばらいされてきたのでしょ。
ラスも「あいつは左遷されてきたんだ」と見抜いてます。
まあ、何か不始末をやらかしたというよりも、厄介な人であることに本人まったく気づいてないという厄介の上塗りをしたような感じでしょうか。
つまり左遷にも気付いてない、と。

ラスの現場捜査に触れたミルトが人間味を理解していくなんて話かもしれないですが、予算不足警察の間に合わせ捜査をもっとみたいなあと思います。
CSI以降、最先端の科学捜査というものは見慣れてきちゃってるでしょ。
なので、あるもので工夫するという第1話の出だしは、ワクワクしちゃいましたよ。
そして、ちょっと目を離した隙にミルトが連れ込んだ科学捜査班を見てぎょっとするラスという構図も、たいへんに美しかったです(笑)。
このラス役は、Life on Marsのダメダメ父さんに次ぐはまり役だと思うのですが、1シーズンだけというは残念です。

ミルト役の人には何の恨みもないですけど、ミルトなしの、貧乏警察の間に合わせ&工夫捜査ドラマがみたいなあと思えてきましたよ。
科学捜査全盛の今だからこそ、地方の声を届けるという意味でも!(笑)

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by Garoto
  • 2015/07/16(Thu)20:42
  • Edit
自分的にはSVUに華々しく?復活したDeanがまた潜入捜査に出てしまって、その先がバトルクリークだったというオチがついてるドラマですが、何しろ主演じゃないですか、堅物でもなんでも本当に素敵に見えました。
ミルトをイケメン!っておだてなくていいですよ。どうせボロも出てくることでしょう。FOXの番宣に一人で文句言ってます(笑)
ラスのちょっとダサくても人間味ある活躍に期待して!
1シーズンでおしまいはもったいないですね。

Re:No Title

  • by カクテキ
  • 2015/07/17 09:42
Deanの役は、しっくりきていたような気がします。
ホントにミルトなしで、貧乏警察だけのがんばりドラマでもいいような気がしました。
でも、ミルトがラスの引き立て役として必要というのもよくわかります(笑)。
Deanを見るドラマかな?と思って、楽しめそうです♪

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]