忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

バトル・クリーク(終)

ミルトがバトル・クリークに追い払われた理由、最終話にしてわかりました。
ある事件をきっかけに、昇進はしたものの負い目を感じ、それまでとは逆の規則にうるさい真面目すぎる捜査官となったために、本当に「面倒臭い人だから」が理由だったようです。
バトル・クリークでは、そんなことなく「あんた、どうやって人集めてきた?」という即効捜査を重宝がられていたと思います。
最初こそは、「最先端捜査」VS「あるもの捜査」という見せ場もありましたけど、終盤はあまりそういうことはなかったかな?
道具はともあれ、「ミルトのスマートさ」VS「ラスの叩き上げ」という対比は面白かったです。
だいたいの人は、ミルトにぽ~っとなってましたけど、私はラスの方が好みでした、昔を知る者だからでしょうか。
だいたいですねえ、ミルトの、あの「得意気な子どものような鼻」がいただけません(笑)。
でも、その鼻がミルトという人をよく表していたなあと思えるので、プラスポイントだったかな?と思えます。

最終話、過去の事件が説明っぽかったですけど、ラスとミルトがわかりあえたような笑顔でまとまったので、めでたしめでたし、でしょうか。
ミルト、血まみれだけどね。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]