忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

FBI失踪者を追え!2−17「兵士とフィアンセ」

失踪した人、ケビン・グラント。
イラクで被弾し、一時帰国。自宅で婚約者と生活している。
ケビンの受勲審査を請け負う大尉は、負傷した戦闘に対しての疑問を感じていた。
失踪の原因があるかもしれない、とジャックとダニーはイラクへ。
その間ケビンの周辺を調査すると、兄との共同経営会社がイラクに行っている間に失敗、イラクでも婚約者から別れを切り出されていたことがわかる。
人と会いたがらなかったのに不名誉除隊になったチャックとは会っていた。

戦闘地では普通ではない精神状態に陥ることがある、ということか。
ケビンの場合、きっかけは婚約者の手紙か?きっかけなんてどうでもいいのかな。
足を失った仲間に「これで帰れるぞ」とかけられた言葉に反応して、弾から逃げようとしなかったケビン。死ぬかもしれなかったのになんと無謀な…と思ったが帰国できないのなら死ぬのも同じことだったのだろう。
帰国してからのチャックと企んでいたことは銀行強盗。しかし金が目的ではない。撃たれること。殺してもらうこと。
イラクでは婚約者のことしか知らなかったが、帰国してみると事業は失敗、婚約者の新恋人を間近に感じるは、でとても落ち着いた精神状態とは思えない。
結末も、ケビンがおかしいことは想像つくんだからあんなに刺激しなくても。銃に弾が入っていると条件反射で人を撃ってしまうから、空にした銃をかざして表に…そして今度こそ撃たれて命をおとす。

ケビンが精神の均衡を崩してしまった過程をもう少し教えて欲しかったな。
あれでは女に捨てられ、事業も失敗、家も取られる惨め男ってだけに誤解されそう。
あの大尉が何を疑問に思っていたのかもわからなかったなあ。いつもの見逃し?
イラクに支局があるのなら軍の捜査は任せればいいのに。
「手ぶらでは帰らない」って言ってたけれど手ぶらだったみたいだし。あ、ケビンが死にたがってたかもしれないって情報があった。でも、その情報生かしてないぞ。

自宅に舞い戻り、婚約者とダニーさんを人質にたてこもるケビン。銃を構え様子を探るサム。
ここでサムは撃つだろうな、と思った(笑)でもカウンセリングが良い方向に向かったようでなによりです。
しかし、またもや哀しい局面に立ち会うことになったダニーさんのあの表情は…

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2006/07/29(Sat)11:54
  • Edit
とっても近いイラク。
さすがにドラマです。
ジャックとダニーのコスプレはなかなか楽しかったけど。

ERでの戦争の扱いに比べると
こちらの方がリアルなのかなと思いました。
帰国した兵士たちのメンタルケアも
とても大切な事なんですね。
こちらからもTBさせていただきます。

無題

  • by yasishi
  • 2006/07/30(Sun)09:45
  • Edit
Garotoさんへ
兵士のメンタルな部分は難しい問題を孕んでいるのだな、と。
どんな形の影響がでるのか誰にも想像できませんし。本人にもわからないんだろうな。
救われなかったケビンもそうですが、残された婚約者の今後が心配されます。
ジャックとダニーさんのコスプレ(笑)
ヘリから降り立ったところではダニーさんのほうがボスだと錯覚するほどでした。ジャック、軍にいたはずなのに…

無題

  • by Chocolate
  • URL
  • 2006/07/30(Sun)21:41
  • Edit
イラク、近かったですね。
ダニーが「お土産買ってきたよ」って言ってたけど、
その土産が何か気になります。
イラクのお土産って・・・(笑)

無題

  • by yasishi
  • 2006/07/30(Sun)22:48
  • Edit
Chocolateさんへ
あっという間のイラク出張でしたね。
あんな状況でもお土産の心配をするあたり
仲良しチームだな、と思わせます(笑)
で、本当に成果はあったのか疑問も…

無題

  • by marsa
  • URL
  • 2006/07/31(Mon)09:16
  • Edit
yasishiさん、先日は拙宅へ来て頂ありがとうございました。
改めまして、どうぞよろしくお願いします。
「臭いっすね」で正解でしたか(笑)
了解っすなどのダニー節を聞くと何となくWATの重苦しい内容の中にホッとしたものがあります(笑)
今回は、何となく失踪者に対し力が入ってないような・・・回避できたのではと疑問に思うような内容でした。
お近づきということTBさせていただきます〜♪

無題

  • by yasishi
  • 2006/07/31(Mon)09:26
  • Edit
marsaさんへ
お越しいただきありがとうございます。
そして改めてご回答ありがとうございました。
「臭いっすね」ですよ。直後に「臭いっすね、臭いっすね…」と繰り返してふざけていたのに忘れてしまったうっかり者です。

ケビンの描きかたが薄味に感じて物足りなさのあるエピソードでした。

無題

  • by まめ
  • URL
  • 2006/07/31(Mon)18:57
  • Edit
こんばんは〜
なぜか、本記事からTBが出せなかったので、
差し替え報告エントリーからTBさせていただきました(^^;

ケヴィンは、ずっと模範兵だったのに、サラからの手紙で、突如精神の状態がかわってしまったのでしょうか?
どれだけサラが彼の心の多くを占めていたのか・・・ということですね。
だから、余計にその後の崩壊がやりきれないです。
確かに、FBI側SWATなども、刺激しすぎですよね。登場が派手!(爆)
もっと他に方法があったのでは?と思ってしまいます
ジャックの、元軍人とは思えない動きでした(笑)

無題

  • by yasishi
  • 2006/08/01(Tue)10:51
  • Edit
まめさんへ
ヘリから降り立ったジャックは完全にダニーさんの部下でした(笑)
本当に似合ってないです。
サラからの手紙だけであそこまで壊れてしまったのかどうか、もう少し教えて欲しかったです。

無題

  • by まめ
  • URL
  • 2006/08/01(Tue)15:08
  • Edit
こんにちは〜
ジャック、ヘリから降りるときといい、歩いてるときといい、動きが子供状態で(笑)
足につけてるバンドみたいなのもジャマそうでしたね(^^;

さてさて、昨日TBが出せない出せない〜とやっていて
重大な不具合に気づいてしまいました(TT)
そして再度引越しの決心をいたしました。
今回は、スクリプトごと、まったく違うものに変更いたしました。
そのため、ブログURLが
http

http
に変更となりました。

お忙しいところ、大変申し訳ありませんけれども
お時間のあるときに、変更いただけると嬉しく思います。
旧アドレスの記事はそのままおいておきますので、
いつでも大丈夫です(^^)
どうぞよろしくお願いいたします。

あらためまして、新転地でもよろしくお願いいたします<(_ _)>

無題

  • by yasishi
  • 2006/08/01(Tue)22:35
  • Edit
まめさんへ
早速変更させていただきました。
改めまして新天地でもよろしくお付き合いの程お願いいたしますね。

TRACKBACK

Trackback URL:

WAT「兵士とフィアンセ」

  • URL
  • 2006/07/29(Sat)
あまりにも辛すぎる戦争の悲劇・・・ ここ2週間のERで、イラクに従軍するガラントの姿から 戦争は辛くても兵士たちは頑張ってるぞという アメリカ万歳が伝わってきたのですが 今度はその逆。 戦争はこんなところにまで悲劇

WATS2 第17話 兵士とフィアンセ GUNG HO

  • URL
  • 2006/07/31(Mon)
第17話 兵士とフィアンセ GUNG HO (WATS2) ストーリー>> 失踪者はケビン・グラント歩兵第64連隊の上等兵 3週間前にティクリートの郊外で負傷。 先週帰国、傷が治りフィジカルチェックをパスすればまたイラクへ戻る予定だった。 彼にはサラというフィアンセがおり、今回は彼女の話から失踪が発覚、軍からの要請で捜査が開始された。 ケビンにはテネシーのディスカウントで働いている兄が一人いた。母親は3年前に他界し、父親は刑務所に入っていた。サラの話ではイラクから戻って人が変ったという。不眠症で怖い夢を見ては起き、食事もあまり取らなくなっていった...

「FBI失踪者を追え!」S2-#17.兵士とフィアンセエピガイ差し替え

  • URL
  • 2006/07/31(Mon)
放映日当日、一時的においておいた英語視聴ガイドに、 新しく書いた吹替え版視聴エピ...

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]