忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

トミーとタペンス #4~6「NかMか」

脱落した方も多くいらっしゃると聞きますが、見ました。
だって、「NかMか」の原作の評判はかなり面白いらしいではないですか。
しかし…やはりタペンスの無茶っぷりが強烈で、誰か彼女を止めろよっ!と思ってしまいました。
カーターおじさんが「タペンスには秘密だ」とトミーにのみ任務を授けたのもわかるような気がします。
が、トミーという人を知っていればタペンスに嗅ぎつけられることも必至なわけで、「おじさん、読みが甘いな」という結論になります。
トミーが「君の人の言うことを聞かないところが好きだ」というのですから仕方ありません。

「NかM」を探すためにおとずれた宿で、誰をも怪しむものの、誤解が解けて仲間になっていくところは、「ちびっこ探偵もの」としては合格点でした。
カールとシーラの密輸をベロニカも協力していたということですかね。
タペンスたちが追っているのは密輸ではないとわかったあとの仲良し感はよかったですね、一旦大揉めしてたけど。
原作によると、この事件はトミーとタペンスは子どもを巣立たせた後ということでそれなりの年齢のはずです。
ということは、本当はもう少しアクションは少なめなのかしら?

不可解なのは、おじさんがこの夫婦に探偵として専属契約もちかけたところ。
「もちろん危険は少ないの」とか言ってるけれど、MI5の仕事でそれは無理でしょう。
おじさんんがそんなだからタペンスが反省しないんだぞ!と思ってみたり。
あと、トミー、養蜂業辞めてかつら屋さんって…。

とにかく、やっぱりクリスティーものを読みたいなあと思わされるシリーズでした。
でもなかなかねえ…(笑)。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]