忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

やはり、好きなシリーズです。「惑星カロン」初野晴



ハルチカシリーズの5作め。
ずいぶん間が空いたようですけど、年明けのアニメ放送に合わせたかったとか?
最終話は描き下ろしだし。
でも!大人の事情があったとしても関係ありません。
短編集でありながら、タイトルにもなっている最終話で前の話が集約されていく感じがとても好きでした。
さらに最終話、ハルチカパートと草壁先生パートがちょっとずつちょっとずつ近づいていくのも、たいへんに好みでした。
デジタルツインはついていけない感じもしますが、「みんなどこにいるのだろう」とか、ネットを介しての自分は本当の自分ではないとか、やっぱり高校生に背負わせるには重い気がしないでもないことを投げかけるあたりが、青春モノの枠だけでは括り切れない魅力なのだろうなと思えました。
このシリーズは、話が進むごとに仲間が増えていくところが魅力でもあります。
この人がどうやって加わったのか思い出すためにも、また以前の本を読めばいいのです。
文庫もあるんだから。
待たされたから☆ひとつとか、そんなレビューはおかしいです。
読んだうえでそんなことが言えるとは…と思いますよ。

   

アニメ版の表紙もあるのですね。



拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]