忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

「依頼人は死んだ」、「悪いうさぎ」、「さよならの手口」若竹七海

  

時系列的にはタイトルの順だけど、私が読んだのは「さよならの手口」→「依頼人は死んだ(短編)」→「悪いうさぎ」です。
しかも、他社の文庫「プレゼント」にも葉村モノがあるらしいですが読んでません。
何が言いたいかというと、この前も書いたけれどやっぱり時の流れの順で読みたいなと思ったわけです。
うさぎの常夜灯とか、光浦の存在感とか、相場みのりとか、順番あってこそじゃないですか。
起きてる事件だけなら順番など関係ないですけれどね。
でも、葉村シリーズとするならばやはり彼女の周りで何があったか?は重要ですよね。
ということは、お姉さんを含む家族との問題は読んでない中にあるのかな?と思うと益々複雑です。

長編も短編も、人間の闇の部分が強く出ていてえげつないものでありました。
それ故に、解決後もすっきりするわけではないです。
そういう話は好みでもあるので、読み甲斐がありました。
いやな感じがどんどん出てくるという意味で言えば、「依頼人は死んだ」がお気に入りかなあと思います。
長編の「さよならの手口」、「悪いうさぎ」にしても、メインの事件の外にまた違うものが出てくるので負けてないのですけどね。
まわりと自分の接点をできるだけ少なくしている葉村が、「悪いうさぎ」でちょっぴりだけ女性的な揺れをしているのは、多くを語られない分余計に印象的でもありました。

「悪いうさぎ」から「さよならの手口」まで10年以上あるようだし、ほとんど同じ時間進行で葉村も年を重ねているので続編はどうなるのでしょうか。
つまり、最新作で四十代の葉村ですから早くしないといろいろ体力的にたいへんなのでは?といらない心配をしてしまうということです。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]