忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

近況(~4月22日)。

短いトングを買いました。
もらいものの、菜箸くらい長いものを使ってましたが、たまたま見つけたので買いました。
そしたら、なんて使いやすいのでしょう。
長いやつは「使う」という感じですが、短いものは手でつかんでいるのに近い感じです。
もらったから…と義理立てせずに早く買えばよかったです。



おもしろかった!
読書量が少ないので、読んでいない本がほとんどですが、それでもこの切り口は楽しめました。
初っ端の「坊ちゃん」の解説が版を変えて新装された時に、前のモノとはまったく違う視点になっているという興味深さにつかまれましたね。
中に、ある書評ライターさんのことが出てきます。
触れられているのはほんのちょっとでしたが、この方が電子書籍のことでラジオ出演されていた時のことを思い出しました。
確か、ダウンロードでなくウェブ上で管理するタイプのとことが撤退するとかの話題だったと思います。
せっかく買った大事な本を、こういったことなく保存する手段として「大手で買う」と、当然だろうと頷けることを言った後に、「本当に大切なら紙の本を買う」とびっくりするようなことを言って司会者に大笑いされていたのです。
そうだけどさ、今のテーマは電子書籍だから。



「4」が発売となったところで、ようやく読み終えました。
今回の「2」では、仕事に失敗したり、何も盗むな!と指示されたり、ガールフレンドのグロリアに正体を知られたり(?)、ちょっと変わったものもありました。
価値があるものは盗まない信条のニックだけれど、そこに持ち込まれる価値のなさは様々で、価値がないからこそ追及されるその価値にドラマがあります。
まだまだどんなドラマが語られるのか、続きが楽しみです。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]