忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

LOST−5「責任」

皆にリーダーとして頼られることに苛立ちはじめるジャック。想像できない状況におかれたためのストレス以上のことがある様子。
ジャックがあの飛行機に乗っていたのは、失踪した父親をオーストラリアに探しに来たが、遺体となった父親と対面し、その遺体と共にアメリカに帰る途中だったようだ。
ジャックの過去。子供時代、父親から「お前は決断をするな。失敗した時にそれを受け止めることがお前にはできないからだ」と言われる。これはジャックの性格を考えたうえでのアドバイスなのか、自分のようになれない息子への蔑みなのか。
母親までが父親の失踪をジャックのせいにするような事件って、いったい何があったのだろう。「お父さんには友達はいない。あなたのせいで。あんなことをしておいて」どんなひどいことをしたんだ、ジャック。
行き先がオーストラリアだとわかっているのだから失踪とはいわないか。
ケイトやロックの場合と同じように、事実だけを知らされて(歩けないとか、手配中だったとか)それが何故かということは明かされない。

ジャックにしか見えていないと思われていた謎の男性。やはり彼の父親のようだ。幻なのか、現実なのか確かめようと追いかけて奥地に入ると機体の残骸を発見する。そこには父の入っていたはずの棺があるが中は空。ということは、あの父親はこの島の不思議な力で生き返ったのか? ロックが歩けるようになったのと同じ理由か? だとすると他の人にも見えてなくてはならないが。

棺を叩き壊して気持ちの整理をつけたのか、皆のところに戻ったジャックは逞しいリーダーだった。ロックの助言も効いてるのかな。
ロックと言えば、山の中に入るのが楽しそうだ。ラリーに参加したかったくらいだから、緊急事態のサバイバル方に長けている様子。
ジャックには「見た」と告白している。でも恐怖ではなく、どこかうっとりしている。機長を襲ったものとは別なのでしょうか。

今回でこのドラマを見る方向性がわかったように思う。サバイバル群像ドラマなだけではなく、「不思議な話」の要素もかなり強そうだと。
予告でまた煽られてしまう。韓国人女性、あんたお嬢かい!



TBありがとうございました (KEI)

2005-12-13 05:54:35

yasishiさん、おはようございます。
こちらからもTBさせていただきした。

ロックが見たものは、何だったのでしょうね。
棺が空になっていたのも、気になります。
不思議な力が、ジャックの父親に命を吹き込んだとすると、それはジャックのためにでしょうか。
そして、父親は、今どこに?
ラストのジャックも、何か力を与えられたように、
逞しかったですね。
あれが、本来の彼なのでしょうけど。




KEIさんへ (yasishi)

2005-12-14 11:32:02

こんにちは、KEIさん。
棺を叩き割って、過去の父親からの呪縛を断ち切ったようなジャックは逞しかったですね。
棺を見つけて恐る恐る近づいて行くシーンはスリルがありました。
本文にも書きましたがこれでドラマを見る上での心構えができたような気がします。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]