忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

さようなら、お友達犬

近所のお友達犬、17歳。
うちと同じ捨て子だったので正確なお誕生日はわからないので、おうちに来た日が誕生日。その翌日に亡くなった。
かなりゆっくりだけれど散歩もしていた。
前日はご飯も食べたのに、朝おこしに行ったら息をしていなかったとか。
寝込むこともなく、静かに息をひきとったことは「よかったね」と言ってあげないといけないのかな。
飼い主のご主人が亡くなってから3年。天国で出会えたかな。
風呂敷しょって散歩してるかな、また焼き芋買ってもらってるかな、なんて面白かったエピソードを思い出してしまいます。
でも一人になってしまったお母さんを思うと…

今年になって2匹もお友達がいなくなるなんて。友達少ないから堪えます。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by nyan-routine
  • 2006/08/24(Thu)17:03
  • Edit
先日のCSIの劇中、重傷火傷の被害者を見て落ち込むグレッグに向かって、ソフィアが「家に帰って、犬か猫を抱いて、気分を代えてもどってきたら」とアドバイスするシーンがありました。自分にとっても、色々な場面で娘達に救ってもらっているので、この気持ちは万国共通なんだぁと、ちょっと嬉しかった。この17歳のわんちゃんのおかあさんのことを思うと、面識もありませんが、涙腺が。。。なんとか心の支えがあらたに見つかるといいですね。

無題

  • by yasishi
  • 2006/08/25(Fri)10:00
  • Edit
◇nyan-routineさんへ
生き物を飼っているということは守ってあげると同時に守られているのですよね。
グレッグには犬を飼って欲しいです(笑)

17歳のワンさんのお母さんですが
「○○を一人で逝かせてたら間違いなくペットロスになっていた。主人が向こうで一緒にいてくれると思うから何とか大丈夫みたい」
と話してくれました。
一人おいていかれたではなく、ワンさんが寂しくないようにと考えてあげられるのは立派だと思います。寂しくてたまらないでしょうに。

無題

  • by nyan-routine
  • 2006/08/26(Sat)00:24
  • Edit
17才ワンさんのお母さんの言葉を読みながら、胸が詰まりました。こんな大きな、心の広い方はそんなにいらっしゃらないんじゃないでしょうか。「一人で逝くわけじゃない、あちらの人々に会いに帰るんだ」という風に考えられるようにならないと。本当に心に染みる言葉を教えていただき、ありがとうyasishiさん!!

無題

  • by yasishi
  • 2006/08/26(Sat)11:21
  • Edit
◇nyan-routineさんへ
ワンさんが亡くなったことをこんな風にはなかなか考えられません。
ご主人のときも大変だっただろうに、本当に優しく思いやりのあるお母さんです。
うちの犬が入院した時も、ご飯入れの位置を通りすがりに観察して退院を察知し、退院祝いを下さったのですよ。
ケーキだったので私が食べちゃいましたけど。

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]