忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

サード・ウォッチ−15「悲劇の銃弾」 16「父親の資格」

9.11特番録画しましたが、まだS1も見終えていない状態なので後ほど、ということで。
うっかりしてましたがS3の放送も昨日から始まりましたのでこれも録画。
OZがもうじき終わってしまうのでS3中には追いつけるか、と考えてますが。

「悲劇の銃弾」
犯人追跡中のサリーがフェンス越えに失敗し、銃を暴発させ転ぶ。近くにいた親切な男性が銃を拾ってサリーに手渡そうとしたところに、銃声を聞きつけたデイヴィスが到着。
「サリーが撃たれる」と判断し、男性を撃つ。サリーの説明でその場で誤解であることが判明するが、病院に搬送された男性は車椅子の生活を強いられることに。

「内務監査は敵だ」と教え込む上司。身内だからあえて公平な立場をとるためにってこともあるかもしれないけれど。ま、何かを突きたいだけかも。
咄嗟にサリーの危険を感じたための発砲。制止では間に合わないと判断した結果。サリーも逆の立場だったら同じことをしていたと証言。
審問を一端はすっぽかしたデイヴィスも多少落ち着きを取り戻し、素直に語る。
この件で何がいけなかったかといえば、倒れた男の介抱と連絡はサリーがやるべきだったってこと。犯人追跡はデイヴィスに任せて。そうすればフェンスを超えるのにふらつかなかったと思うんだけど(苦笑)サリーだって警官だからなあ。


「父親の資格」
ストリート・ギャングの抗争。やられたらその仕返し。そして仕返し、仕返し…。
ドクは搬送した少年に弟のためにもこんなことは止めるように諭すが、あの年頃の変なプライドのために撥ね付けられる。
銃を持っていた弟を警察が追っていると聞いたカルロスは協力しようとするがドクは「まだ子供だ。チャンスをやれ」と説教。
自分のポリシーとは違うがしぶしぶドクの言葉に従い、面通しで否定する。が、その後の兄弟揃って仕返し合戦に巻き込まれ、弟死亡。
「あんたの言うこと聞いてあの子を死なせてしまった。確認して留置所に入れておけばこんなことには…!」とドクを責めるカルロス。
子供を留置所に入れるのは抵抗あるんだろうけれど、時にはそれが保護にもなる。場合にもよるけれど。ドクにはそんな考えないんだろうね。カルロスだって罰したいだけではなかったはず。
自分で決断したんだからカルロスだってドクを責めていいってことはないんだけどね。

借金まみれで情けないジミー。どこからも金を借りられずどうなるのかと思いきや、結構いい車に乗っていたようでそれを取られて清算となりました。
子供の目の前で赤っ恥をかかされ、二人で寒空を歩き、今度こその改心をキムに誓うのでした。
消防士さんの中には必ずギャンブル好きが混ざっているのね。これが本当に最後になるのかは疑問。ギャンブル好きって大抵「これでもうしない」って言ってるもの。


この2話で180度違うボスコ。
1話目では旦那との離婚を考えるヨーカスに、両親の離婚で傷ついた子供時代の話を聞かせたり、酒を断つのを旦那だけの仕事にしてないか?二人ですることだ、とプチ説教。
それで考え直しヨーカスは二人で協力しましょう、と旦那に帰宅を許す。
2話目では強盗ボスコ。
発端は自分が襲われたこと。でもくるりと居直って身包み剥いでいいってことはない。警察官なんだから。あ、まだ制服着てなかったですね。
しかもこの出来事が彼を「いい気分」にさせているという。被害者が訴え出てきた姿を見るまでは。
それからのボスコの振る舞いはコントでしかない。奪った服を遠くに捨てたり、奴らの次の犯行を見込んで付回したり。結果的にはまた事件を起こして逮捕。顔がわかるとまずいので連行はヨーカスに頼んで胸をなでおろす、という始末。
こんなんでいいのか?NY市警!経緯を聞いてしまったサリーも野放しにしてたしな。
両親が子供に隠れてする喧嘩から出した結論は、子供には全く突然のことでとても受け入れられなかった、ってことを話すボスコはなんて落ち着いた男なんだ!急に大人になっちゃて!と思わせたが、気のせいでした。強盗コントのボスコの方が本物だな。

あれ?デイヴィスの内務監査の結果は?銃を持ってパトロールに出てるから裁定下ったと思うけど。

キム、ボビーを振ったくせに他の女と一緒にいるのは嫌なんだ。「私のせいで好きでもない女なのでは?」って心配しているようだけれど大きなお世話だぞ。おまけにジミーの恋人にも難色。自分がほっとかれるのが嫌なだけじゃないの?

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by rosedale
  • URL
  • 2006/09/15(Fri)16:23
  • Edit
2話続けて見ると、ボスコは余計に180度違って見えるかもですねw。拳銃と一緒にバッジ見せて逮捕しちゃばそれで済むのに、なぜか逆強盗になってしまったイケナイボス子ちんでした。とほほ。

エミーの後にやっていた、アメリカの新番組を紹介する番組で、キムが出てるドラマも紹介されてましたよね。24とか新番組とか、なぜキムにたくさんお呼びがかかるのか私には謎です(^^;)。

どちらか迷ったんですが、せっかくなのでボス子がいい奴だった方のエピをTBさせて頂きますw。古い記事でスミマセン。

無題

  • by yasishi
  • 2006/09/16(Sat)10:36
  • Edit
◇rosedaleさんへ
どうしてあそこで強盗犯に成り下がるかなあ、ボスコは。しかもその後気分がすこぶるよろしいときてます。警察官ですよね?(笑)
古い記事だ何てとんでもないです。私には今ツボなお話なのですから。
英語は辛いのですが(苦笑)TW記事も読ませていただきます!

キム、24にも出てるみたいですね。新番組でも姿を確認しました。
TWでは今のところあまりうなずけるキャラクターではないので、その魅力は謎でしかないです。この後ガラッと変わるのでしょうか。

TRACKBACK

Trackback URL:

Third Watch(S1#15)OFFICER INVOLVED

  • URL
  • 2006/09/15(Fri)
*****暴行犯を追っていたサリーは、足を滑らせ柵越えに失敗した際に銃を落としてしまう。銃声を聞いたタイが急いで援護に駆けつけると、黒人の男がサリーに銃を向けていた。*****タイ的にはヘヴィなエピだった。それにしても…あのサリーの鈍くささはどうにかならんのか(苦笑)?あんな低い柵を越えるのに失敗してずっこけて、しまいにゃ空に一発放っちゃって、一歩間違えたらサリーがあの黒人のおじさんを撃ってたわけですよ。あぁこわ。警察官は体重制限を設けるとか、定期的な体力測定をして規定に満たない奴はデスクにするとかしてほしいわね。 犯人追跡中、足を滑らせた時に落としてしまった銃を、犯人の逃げた方向...

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]