忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

OZ−50「五感」

死人ゲストはシャーリー・ベリンジャー。

元市長が黒人少女殺害事件に関与していたとしてOZの保護監房に収監
死刑囚監房撮影会
独房で化学物質中毒
ロブソン、シスターに教えを請う
ビーチャー、仮釈放
シリンガー、後ろ頭に目が付く


元市長はシリンガーの恩人。同じ思想の持ち主なんだ。
なら、きっと有罪でいいんだな。
同じ監房のビーチャーがシリンガー派の元市長に手出しをすると勘繰ったが思い過ごし。
逆に食べ物を喉に詰まらせたのを率先して助ける。
このことに感銘したシリンガーはシスターを通してビーチャーに面会を申し出「仮釈放の邪魔はしない」と宣言。
シリンガーはグループ内の人情に非常に篤いので、彼を助けた人を痛めつけるわけにはいかない。
シリンガー一派が手出しをしないのなら、仮釈放審査は気が抜けるほどとんとん拍子。
ビーチャー仮釈放の報をロプレスティーは多少歪めてケラーに告げる。
このロプレスティーの言葉が後々響いたのだろうか。会いに来るからそんなことないか。
しかし自分の弁護士が亡くなったことも知らされないとは。

ケラーさんのいる死刑囚監房では、死刑囚をモデルにした撮影会。
ステキな服に身を包み、プロのカメラマンに写真を撮られる。
見てるほうには目の保養ですが、この企画はよくわからん。
だいたい集合写真は無茶でしょ。ホイットがカークを狙ってることはみんなが知ってるもの。
カークは今度こそ命を落とし、言われなき性的虐待の罪を着せられかけていたムカダ神父は解放される。
祈りが通じた割には浮かない表情と思ったら「カークが死ぬように祈った」と告白。人間ムカダとしては無理もないけど。
しかしカークは本当に悪魔のような子だったな。

仲間には見捨てられ、イタリア系からは命を狙われ八方塞のロブソン。
珍しくシスターのもとを訪れ、生きるべきか死ぬべきかとうかがいを立てる。
シスターは死んでいいなんて言う筈ない。
この言葉からのロブソンの選択は…同房者のペットになり見返りとして身を守ってもらうこと。あのロブソンが…

パンカーモなんかそう恐いことないのに。
ライアンの嘘も見抜けず、むきになってシベッタを始末しちゃうくらいだもの。
あれはライアンの中でも最低ランクの策だろう。策士の名が泣くよってパンカーモだからこの程度でOKってことか。
殺されちゃってなんですが、シベッタは精神が壊れたのが回復できなかったんだろうね。急に奥さんに会いたくなった理由が、呪いをかける手伝いなんだから。

ヒルの遺した原稿をサイードは知り合いの編集を通して本にすることを検討中。
それを後から知らされるマクマナスって。しかも不快に思っていないみたいだ。いいのかそれで?

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]