忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

サード・ウォッチ−47「時間との戦い」 48「よぎる不安」

2話とも自殺未遂の人が登場。
キムを試すかのようなエピソード。

時間との戦い
即死と思われた投身自殺の女性はまだ生きていた!懸命の救命措置で病院へ運ぶが脳が半分出てしまった状態では死も時間の問題。彼女は免許証の裏に臓器移植のドナー希望にチェックしていた。自宅で死を迎えさせたいと昨日退院した少女へのマッチが確認され、緊急手配。ドク&キムは心臓を、カルロス&アレックスは少女を自宅から病院へ運ぶ使命を授かる。

エレベーターのないアパートから少女を救急車へ運ぶ連係プレーが頼もしい。階段にみんなが並びストレッチャーを手渡し。その時に少女にかける言葉の優しさ。こういうさりげない挿話にやられちゃいますね。
それに引き換え、渋滞を利用した救急車強盗とは。大切なものを運んでいる時に限ってこんなことになるのね。なんとか探し出し、搬送するドクを待っている間のデイヴィスの決断もよかった。「クスリ泥棒がいるけど」に「問題ない」とさっさと手錠を外してお払い箱に。警察官としての成長がうかがえます(笑)その後サリーの露払い運転に悲鳴を上げていたのはご愛嬌。

少女と心臓はほとんど同時に病院到着。数時間後のニュースでは無事成功したと報じられる。少女の両親が「ドクターに感謝します」とインタビューに応じている。それを見たみんなも「ドクターに!」と乾杯。誰も名前は出さないけれど頑張った人達がそれを知っていれば十分。

S3が始まって重い雰囲気だったけど、希望の持てる素敵なエピソードだった。自殺を選ぶことが許せないというボスコの熱意もわかったし。
ただ、教訓としていくら緊急でも運ぶのが患者でないなら小回りの利く車の方がよかったんじゃないかな?(笑)

あ、ウィンスロップがいた気がする。


よぎる不安
優秀救命士の分署代表に選ばれるドク。でもなぜか気が乗らない。
幼い頃目の前で見た救命士の活動に憧れてこの道に入ったものとばかり思っていた。仕事に迷っていてたまたま思い出して飛び込んだ世界だったのね。
あらわれては見つめてくる妄想ドクは何を訴えていたのかな?
ドクにスポットがあたるとたいていろくなことがないけれど、今回は大丈夫(笑)「この仕事に一番なんて決められない」もっともだと思うし、犬の散歩途中に倒れたお父さんへの処置というか娘の方への心配りも信頼のおけるドクだったかな。

親権を放棄するようジミーから書類を手渡されたキム。自分も弁護士に相談する。自殺だったことがわかると子供も仕事も取り上げられると思い、事故だと言い張ってきた。でも裁判で勝つには自殺であったという真実の方が有利らしい。変なツッパリが無意味と知らされ、ドクには告白。みんな知ってたんだよね。キムだけが認められなかった。
手首を切った女性の救命に成功し、これから自信を持っていけるのかな。決して好きなキャラクターじゃないけれど今回は素直に応援したかったな。

もう一人の好きなキャラクターではないフェイスは腫瘍摘出の手術。ただの休暇だとボスコにも知らせていない。摘出した腫瘍は良性で問題はないらしい。次回予告ではもう現場復帰してたし。ということは敵キャラ復活でいいのかな?(笑)

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by rosedale
  • URL
  • 2006/12/07(Thu)16:48
  • Edit
「時間との戦い」は、消防・救急・警察の連携プレイが見れたTWらしいエピでした。迂闊にキムに自殺のことを口にしてしまって反省するボスコと、「私は気にしたこともない」と返すヨーカス…とってもよく性格が現れてましたね(^^;)。

ニュースで感謝してもらえなくても笑って流せるみなさん。褒めてほしくて仕事してるわけじゃないって感じで良かったんですが、次のエピの話題が「救命士コンテスト」なのはガッカリでした(爆)。

TBさせていただきました♪

無題

  • by yasishi
  • 2006/12/09(Sat)10:34
  • Edit
◇rosedaleさんへ
「時間との戦い」は優しい気持ちになれるエピソードでした。
真のヒーローの名は明かされなくてもわかる人にはわかってる、という。
気にしないで続けて見ちゃいましたが「よぎる不安」はそれとは真逆の一番の救命士って話でしたね。
この順番、無意識なのかなあ?

TRACKBACK

Trackback URL:

Third Watch サード・ウォッチ3-4 The Relay

  • URL
  • 2006/12/07(Thu)
自殺を試みた女性の臓器を、移植が必要な女の子のもとへ届けるまで。ビル屋上の“ジャンパー”を説得するヨーカスとボスコ。自分第一で、他人のことなど少しも気遣わないフェイスが説得して成功するわけもなく、女性は飛び降りてしまう。脳が飛び散っているのを見下ろしたボスコたちは、死亡したものと思っていたが、消防・救急がかけつけてみると、なんとまだ生きていた。免許証の裏のドナー項目にチェックが入っていたため、女性の心臓は8歳の女の子に移植されることになる。 職場復帰したものの、自殺未遂のことを気にして態度が違う周りのみんなにウンザリ気味のキム。ジョーイの親権争いのこともあり、事故だったと訴えるが誰...

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]