忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

サード・ウォッチ−63「いわれなき拘束」

もう何年も前にフェイスとボスコに会ってたんだ…
記憶にないなあ。
あの頃はTWのこと、眼中になかったから。
惜しいことしたな。

シカゴから来たルイス先生の姪スージーの行方を捜査中のフェイスとボスコ。
事件の始まりは描かれなくて、すでに捜査中。
前半部分はER?で触れられてたんだよね。
「今回のTWは」の部分で駆け足でやってたけど。
チラリとまだスリムなカーター君が映ったのは収穫。
ERで結末をどう扱っていたのか記憶にない(苦笑)
スージーが無事だったのは確かだけど。

自警団の男が親がクスリに夢中な間に子どもを勝手に保護していた、という事件。
ジャンキーのお子様には顔なじみの男、「おまわりさん」として。
何もされていなかったけれど、薬で眠らせるってのは…?

こいつにボスコが思い当たり、アパートの部屋に飛び込んで無事保護されるけれど、
ヨーカスの制止が必要なほど犯人に暴行を加える。
病院で手当てを受けてるところにルイス先生がお礼を言いに来る。
「仕事に私情を挟むの?いいの、私もそうだから」
「子どもが関わっているとつい…」
いい会話だったな。
というかボスコとルイス先生が魅かれあった瞬間じゃないかな?と。
シカゴから来て奔走したのに感謝もされず、逃げるように退院させていったクロエの仕打ちに呆然とするルイス先生。
やっぱり美人さんだ。ボスコ、惚れてくれればいいのに(笑)

合間に消防の活躍が挟まれてました!
アパート火災で上階の住人の救助に屋上から向かうがロープを固定させるところがない。
DKとウォルシュ(だよね?)がロープを握り、ジミーが救助に降りる。
命を預けあう、信頼しあってないとできない、こういう篤いシーンは無条件で好き。

幸せそうなジミーも好きだな(笑)
戸惑っていた息子との生活も、いつの間にか順調そのもの。
楽しくて仕方ない感じ。
そんなジミーの様子をみなさん驚いて見てる。
仕事もできて生活も安定、そんなジミーは無敵。
ファンへのサービスエピソードだったのかな。

タチアナ、帰ってきたよ。
この後、絶対何かあるよね。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]