忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

恋々風塵

B000K7VIRM恋恋風塵
王晶文 辛樹芬 梅芳
紀伊國屋書店 2007-01-27

by G-Tools

幼馴染の男女が田舎から都会に出稼ぎに行く。
都会で助け合いながら、お互いの大切さを感じて生活していく。
両方の家族も将来は結婚するものと認めている。
でも彼の徴兵によってそれが崩れてしまう。
徴兵される日、あんなに離れがたく苦しんだのに。
彼女に彼の隙間を埋める男性があらわれる。彼女だって真剣らしく、実家に男性を連れて行くけれど、家族はもうあまりにも子供のときから、幼馴染の彼のことを家族としてみてきたから娘の行動を受け入れられない。それも切ない。
そんなことを知って、泣き乱れる彼をみるのも切ない。本当に切ない、胸の苦しくなる映画。

ストーリーに負けないもの、それは情景。あの台湾の湿度、風、雨の匂いまでもが伝わってくる。非常にリアルに感じる。山の緑の濃さ、湿り気、そういったことも心をとらえて離さない。
切なく、悲しく、でも優しさに包まれた作品。本当に大好き。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]