忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

名探偵モンク4−2「悪夢のゴミ戦争」

ヨーヨー登場に爆笑!
警部、まだセラピーに通っているのだろうか。

清掃組合のストライキで街はゴミであふれかえっている。
モンクさんは臭いに耐えられず、眠れない日々。
闘士組合委員長は断固闘うことを会見で宣言するからもうお手上げ。
ここに更なる問題発生。
なんとこの委員長が死体で発見される。
交渉が完全にストップしたうえに、自殺という警察の見解に組合員は猛反発。
ゴミ収集の再開をお願いに会合に紛れたモンクさんは、逆に事件の捜査を依頼されてしまう。
「あなたが自殺だと認めれば交渉のテーブルに着こう」と非常にまっとうなお言葉。
しかし、ゴミの行く末だけが心配なモンクさんは…。

早く片付けたいから、他殺の可能性ありの証拠を見つけても知らないふり。
警部にも「自殺です」と報告。正式に自殺と発表。
しかしナタリーに怒られてしぶしぶ「殺人かも」と認める。
ここから警部の中には炎が燻りだしたんだな。

モンクさんも事件の捜査はしたいけれど、悪臭で思考停止。
自分で収集作業を始めたかと思えば、とんちんかんな推理を披露。
アリス・クーパーのアンティーク趣味って…(笑)
警部、限界!
モンクさんに落ち着いて推理させるためにクリーンルームを借りる。
ここでですよ、ヨーヨーの登場は。
穏やかに喋っていたから気付かなかったけれど、赤っ恥会見を開かされたうえに、解決したとアリス・クーパー説を聞かされ相当お怒りだったようだ。
自分を取り戻したモンクさんは殺害後の買い物から犯人を突き止め、警部も犯人を車に押し込む姿が新聞に乗り名誉回復。
めでたしめでたし。

そういえばモンクさんは昨シーズンから人間としてひどいことをするのが目立つ。
今回も自分の周りにゴミがあることに我慢できず配送業者を依頼。
ゴミを送りつけるんですよ、クローガー先生の家に。
思いついた住所が先生のところだったのだろうが、ひどい。
よく中に入れてもらえたなあ。門前払いでもしょうがないのに。
「妻も娘も私も怒っているので止めて下さい」とお願いする先生は大人だ。
クローガー先生もザ・ソプラノズのメルフィみたいに医者にかかってるのだろうか。
もうひとつ、再開されたゴミ収集作業に感謝の意を表すのはいいが、紙吹雪でお出迎え。
その後始末を言いつけるのって…どうだ?
作業員もお馴染みさんだから諦めてる。
人としてひどいのに何故か憎まれないモンクさんは得だ。

捜査で立ち寄ったコンビニの店員、ヘイワイヤーじゃないですか。
あのまま逃げおおせて立派にコンビニの店員としての職も得たわけだ。
やっぱり脱走は一人のほうがいいってことだ。
PBとかアールでは目玉を剥いた印象が大きいけれど、かなり普通の人だった。
ネジが外れた人を演じる時は目がポイント?

そして疑いをかけられた市長はあの名作(笑)、私の大好きな「異常犯罪捜査班」の警部補!
あそこでの働きが認められて市長になったんだな、と納得。
同じサンフランシスコだし。
経歴としてはHOUSEの意地悪理事→心を入れ替えサンフランシスコ市警→市長、と確実に人間としてステップアップ。

うーん、まだディッシャーのはじけ具合が足りない。
16話しかないんだから、早くはじけてもらわないとね。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by KEI
  • URL
  • 2007/04/17(Tue)06:12
  • Edit
yasishiさん、こんにちは。
正直に言って、新シーズンにまだ乗り切れてないところがあります。
ディッシャーがまだ十分にはじけてないからかも?
前回は警部が柔和な人になってたし。
そこへ、ヨーヨーが登場して、これを待ってたのよ〜って思いました(笑)
yasishiさんの説の通りでしょう。
私としては、クルーガー先生みたいに表情に怒りをちょっぴり滲ませてもらいたかったですけど。
すっかり怒りをコントロールできるようになったのかしら。
それは、ちょっと寂しい気がします。

>クローガー先生もザ・ソプラノズのメルフィみたいに医者にかかってるのだろうか。

可能性大ですね。

無題

  • by Anne
  • URL
  • 2007/04/17(Tue)12:35
  • Edit
警部、ヨーヨーがだいぶうまくなってましたよね。中に入ってる人が普段から遊んでるのかなって思ってしまいました。
クローガー先生は本当にお気の毒。いつもは必ずどこかほめてあげるのに、今回は静かに怒りがにじみ出ていると言うか、目力が炸裂してましたね。おー、怒ってるな〜って思ってみてました。
そしてヘイワイヤー。普通の人だったけど、結構顔立ちが強烈ですよね。無事な姿を見て安心しました。TBさせていただきますね。

無題

  • by yasishi
  • 2007/04/18(Wed)09:29
  • Edit
◇KEIさんへ
怒り出したくてうずうずしている警部が見たいですよね。
ヨーヨーで喜んでいたくせに、にこやかにヨーヨーなんて警部じゃない!なんて思ってしまいます。
クローガー先生、かなり大変ですよね。
あそこで怒り出さないなんて鑑です。
前回はドラマ撮影で浮き足立っているし、今回も目立ったところはないし。
昨シーズンできあがった4人のチームワークが早く見たいです。


◇Anneさんへ
クローガー先生、相当我慢してましたね。
私だったら「こんな仕打ちをされるならもう診ません!」って追い返すかも。
ひどいことをさらっとやってしまうモンクさん。
今回も覚醒した時にゴミ収集作業をしたこと、ゴミ箱を足でぎゅうぎゅうしたこと等を思い出して身もだえすることがプチ罰、ってことで均衡が取れるのかしら?(笑)

TRACKBACK

Trackback URL:

名探偵モンク4 第2話 悪夢のゴミ戦争

  • URL
  • 2007/04/17(Tue)
Monk 4 #2 Mr.Monk and the Garbage Strike サンフランシスコ市のゴミ清掃局が、賃金交渉のためのストライキに入ったせいでゴミが町にあふれる。 ゴミと悪臭に気が狂いそうになるモンク。組合委員長は要求が通るまでストはやめないと主張したが、 委員長は死体となって発見され、組合の交渉が止まってしまった。事件の真相が明らかになれば、 交渉を開始すると言う組合側に依頼され、モンクは事件現場に行くが、ゴミのせいで集中できない…。 モンクさん、今週も超豪華ゲストの出演だ。一体どうしたんだろう、15話しかないから、予算余ってる? 今回はなんと、ミュージシャンのアリス・クーパー(本物!)がポスターだけかと思いきや、後半で 動いて出演してた。「ターミナル」のヴィクターのお友達の1人マルロイ役のチー・マクブライド、そして、 自転車でサンフランシスコまで逃げてきたらしい「PB」のヘイワイヤーことサイラス・ウィア・ミッチェル。 しかしモンクさん…ダメだろ! いくらゴミで理性を失ってるからって。最初に宅急便の人がきたとき、 相手は誰だと思ったんだが、まさかクローガー先生とは! 週末までカウンセリングをしてくれてるのに、 そんな後ろ足で砂をかけるようなことしちゃいかん。宅急便の人に住所を聞いたのが、せめてもの抵抗? なぜナタリーじゃなくクローガー先生だったのか、モンクさんにはナタリーのほうがクローガー先生より、 ヒエラルキーの階層が上なのか。でも他にディッシャーっていうお手ごろな相手もいたのに。 クローガー先生はディッシャー以下…? それでも「もうこないで下さい」といわない先生は立派な人だ。 今シーズンも、やはり一番の被害者となるのはクローガー先生なのか。お気の毒に。 「車に乗ってどこかもっと風上に連れてって」って。ゴミはそこまでモンクさんの理性を奪うのか。 本当にはた迷惑な人だ。ナタリーの「あなたの怨念のなせるワザ」という台詞も、 あながち誇張に聞こえないっつーか。途中市長の執務室で混乱するあまり、ゴミを押し込めるために、 ゴミ箱に足を突っ込んでも大丈夫なところまできてたからなぁ。終いには犯人はアリス・クーパーって。 モンクさんの拷問は、ゴミが山積みの部屋にしばらく押し込んどけばそれでいい。簡単かもね。 それにしても、サンフランシスコを焦土の町と化してしまいたいほど、ゴミは許せないか…。 しかし今回は、著しくゴミの山がモンクさんの性能を下げたのか、普段だったらありえないミスを連発。 ディッシャーにさえ「あんたが経緯はこうですって言ったらそれが真相なのに」と言われる始末。 怒りつつも、辛抱強くこらえてあげるストットルマイヤー警部が素敵でした。クリーンルームまで用意。 モ:アリス・クーパーは犯人じゃない。 ス:そうだよ。 この「そうだよ」のやさしい響き。まるで幼児を相手にしているかのようだった(実際変わらないと思うが)。 だが何よりも。サンフランシスコ市警、大丈夫なのか?! 捜査はモンクさんに頼りっぱなしなのか。 こうやってモンクさんが機能しなくなったら、市警全体が共倒れって。ストットルマイヤー警部、 モンクさんに文句言ってる場合じゃないぞ(洒落ではない)!

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]