忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

名探偵モンク4#14「予告殺人」

ストリートミュージシャン、ディッシャー。
「傷はないか?プライド以外で」警部、通じてませんよ!

深夜ガソリンスタンド(コンビニ?)で死亡女性の事件を捜査中の警部組。
しかしそこに別事件の呼び出しが入る。
ストリートミュージシャンが惨殺され、犯人は「6通りの殺し屋」と名乗り、36時間後にまた一人殺すと犯行を予告。
連続殺人事件!と、早速FBIが乗り込んでくる。
5億を投じた最先端機材満載のバンで現れ、ハイテク捜査(笑)。
ついていけないアナログモンクさんはとりあえずパソコンに挑戦。
これがなかなか楽しい。
がとんでもない失敗をしでかし、ジュリーのお友だちの家にSWATが!
モンクさんは捜査から外されてしまう。
失意の中、ナタリーと街を歩いているとふと犯人の真意がひらめくのでした。

殴って、窒息、毒物注射、刺して、撃って、轢いて。
いやー、一人にそんなに攻撃しなくても…と思ったら、変な殺人犯を演じていたという。
目的は最初にモンクさんたちが呼び出された女性死体の胃の内容物を判別させないための時間稼ぎ。
殺しを隠すために人を殺す、十分変な殺人犯だ。

FBIと地元警察の確執はいろいろ見るが、ここまでおバカに扱われているのは初めてでは?
全部機械にインプット、そこから出された情報が最重要。
大真面目で、振り回されていることに気づいてない。
アラーム止められないなんて信じられないよ。
携帯に出られないモンクさんと変わらないじゃん。
結果、情報はみんなハズレ。
ハイテク最大の功績は警部の投げた小型端末が犯人にヒットしたことか。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Anne
  • URL
  • 2007/07/07(Sat)14:28
  • Edit
こんにちは。
そういえばモンクさん、携帯に出られないでナタリーに怒られてましたね。最初はあれ、電話に出たくないからわざとやってるかと思ったけど、モンクさんに限ってそんなことありませんよね。
そしてディッシャーも元気に活躍していてよかったです。そしてのびのびと歌声を披露するクローガー先生も、いたくファンとしての心を刺激され、満足でした。
来週で終わりなんて、寂しくて仕方ないです。次のシーズンが早くも楽しみです。
TBさせていただきますね。

無題

  • by yasishi
  • 2007/07/08(Sun)10:50
  • Edit
◇Anneさんへ
クローガー先生、今回どうかしてましたね。
選曲が悪く、モンクさん早退(笑)。
何故1話だけ放送しないのかなあ。
「華麗なる〜」の再放送との話数合わせでしょうか。

TRACKBACK

Trackback URL:

名探偵モンク4 第14話 予告殺人

  • URL
  • 2007/07/07(Sat)
Monk 4 #14 Mr. Monk and Really, Really Dead Guy 深夜、路上でパフォーマンスをしていたストリートミュージシャンが残酷なやり方で殺された。 犯人は被害者を殴って昏倒させ、その上で窒息、毒物注射、刺殺、銃殺、轢殺と実に6通りもの 方法で殺害した。そして36時間後にもう一度同じ方法で人を殺すと言う予告声明を出す。 モンクとストットルマイヤー警部は、ある女性の殺害事件の捜査に取り掛かっていたが、 市長からの要請でFBIの捜査に協力しろといわれ、6通りの殺人に関わるが…。 このストリートミュージシャンのかわいそうなこと! たまたまその場にいただけなのに、 何も悪くないのに、こんな残酷な方法で殺されてしまうとは。家族は泣くに泣けないだろう。 でもこれがモンクさんの不思議なところで、「ミディアム」だったら気持ち悪いだけなのに、 なぜかコミカルになってしまうという…。でも気の毒な被害者でしたけど。 しっかしまあ、FBI感じ悪っ。FBIと市警は折り合いが悪いってよく聞くけど、 これじゃあそう思われても仕方ないよね。ジャックとその仲間たちも市警から見れば、 やはり同じなのだろうか…? いや、ジャックはむしろ犯人じゃない容疑者に思われてるか(爆)。 それはさておき、このFBIエージェント、FBIというよりMIBって感じに見えた。 あのハイテクトラックもすごいね〜。「CSI」とかと違って、あれがちっとも本当に存在する、 ハイテク機器に見えないところがポイントだが。 それにしてもジュリー、久しぶりに出てきたが、本当になんていい子なんだろう。 かわいいし、やさしくていい子ですよね。大人になったら美人さんになりそうだし。 「モンクさんは天才だよ!」 いい子だ〜。ママと一緒にモンクさんを支えてあげてね。それにしてもモンクさん、 微妙にコンプレックスがあったのか。 「ネットの世界にデビュー♪」と嬉しそうな顔だった。 でもやっぱりモンクさんはアナログがいいよ。なんてったって前世紀の遺物だからね。 今回は目玉が2つもありました。歌うクローガー先生とディッシャーです。 クローガー先生は吹替えだったけど、ディッシャーはあれ、生声ですよね? ふたりともノリノリで、特にクローガー先生の歌は、振り付きでおもしろすぎました。 いつもならいつまでも先生にくっついていようとするモンクさんなのに、今回は逆に、 まだ20分もカウンセリングの時間が残ってるのに帰っちゃって。でも歌を聴いてる表情が、 ものすごく苦痛に満ちていて、嬉々として歌うクローガー先生との対比がおかしかった。 ス:無傷か? プライド以外は…。 デ:…どういう意味? ス:忘れてくれ。 ディッシャーの場合、ストリートミュージシャンと言うより、チンドン屋さんみたいに見えた。 でも結構楽しそうで、一緒にセッションをしようという人までいたんだから、悪くないのかも? ス:…最新機器が犯人を捕まえた! デ:大当たり。 ス:ああ、ぶっ壊したぞ。 いいね。ストットルマイヤー警部の見せ場が少なかったけど、嬉しそうな顔がよかったです。 来週でモンクさんも終わりなのだが、IMDBで見ると、一話「Mr. Monk and the Leper」という エピがスキップされてるんですよね〜。特番だったのかな? これも見たかったけど。 とりあえずは来週のシーズンファイナルも楽しみです。

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]