忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

Dr.HOUSE2#2「勇敢な少女」

病気と闘うこと。そこにこんな意味があるなんて。
これにはハウス先生も何か動かされたよう。

末期癌の9歳の少女が幻覚に襲われ病院へ運ばれる。
繰り返される検査にも「なれたもの」といった表情、望みがないと聞かされ泣き崩れるママの肩に手を回す。
死の宣告にも動じないのは感情をコントロールする部分に血栓があるのでは?病気の治療に対して勇敢なのは症状なのかもしれない、と「検死」をすることに。
大掛かりな「検死」のリハーサル、そして本番。
すごく緊迫したシーンだった。
少女に「あと1年をプレゼントしたい」というウィルソンの言葉から治療に向かった。
でも少女にとってその1年はママへのプレゼント。
彼女が検査にも治療にも積極的で優等生なのは、ママをひとりにはさせられない、その一心。
それを見抜いたハウス先生は自分のために選ぶこともできると話すが、少女の心はママでいっぱい。
自分が死んでしまったらママと会えない、ではなくてママをひとりにするのが辛い、と言って涙する。
子どもだったらもっと自分のことだけ考えても誰も責めないのに。
チェイスにキスをせがんだのは唯一の子どもらしいわがままだったのかもしれない。

結果として少女に感情に障害が出るような病巣はなかった。
勇敢は少女の気持ちそのまま。

この前のERでも余命を宣告された患者の話があった。
その時に「治療をするもしないも患者の意志、自分の考えを押し付けるドクターに嫌悪感」と書いた。
患者の意志、その通りだけれど内に秘めた理由に胸をつかまれる想いが。

今日のチェイスへのお仕置き
書記係はまだ早いそうです。
あ、チェイスは急に30歳、一気に4歳年とってますよ。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Jasmine
  • URL
  • 2007/07/08(Sun)00:20
  • Edit
9歳にして大人のような患者でしたね。
与えられた1年という時間は彼女とママにとって
大切な時間になるといいですね。
TBさせて頂きました。

無題

  • by yasishi
  • 2007/07/08(Sun)10:59
  • Edit
◇Jasmineさんへ
アンディにはママが自分のことで悲しむのが何よりも辛いのですね。
だから病気と闘うのでしょうか。
置き換えて生まれてしまった感情ではなく、素直な気持ちだけのようなのも胸をつかまれるような感じがします。

TRACKBACK

Trackback URL:

Dr.HOUSE 2 #2

  • URL
  • 2007/07/08(Sun)
ハウスは花粉症で苦しそう。 胞巣型横紋筋肉腫による末期ガンの9歳の女の子アンディが幻覚に襲われて病院へ。 脳に腫瘍がないのに幻覚みるのは変だと検査をしてやっと心臓壁に腫瘍を発見。 心臓を取り出して、腫瘍を取り除き、損傷部分を牛の心膜で修復。 手術は成功し、腫瘍..

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]