忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

名探偵モンク4#15「鼻血が止まらない」

NHK-BS2海外ドラマHP、差し替え早っ!
おまけに今回のあらすじガイドがないんですけど。

鼻血が止まらなくなったモンクさんはお休みのナタリーを呼び出して病院へ連れて行ってもらう。
1時間半も待たされ、待合室では鼻血だと思ったら脳出血で1週間で死んだ親戚の話を聞かされ、気が気でない。
ようやく診察してもらい、その時一瞬止まったが下を向くとだらだら。
慌てて診てくれた医者の上司、鼻血の権威(笑)の名を頼りに部屋を訪れるとなんと当人が死体となって発見される。

事件はまあ、そんな感じですよ。
動機は後任の部長に推薦してもらえなかったと推理したが、医療ミス裁判での不利な証言の阻止でした。
モニターをつなぎ変えただろうことはモンクさんより先にわかりました(笑)。
この犯人のドクター、「フレイジャー」のブルドッグ!
懐かしいなあ。髪型は変わらないが白髪が目立つ。
声がちゃんとした大人で違和感ありあり。
そもそもドクターってことが一番おかしい。太鼓を叩け!
で、モニターを拝借された入院患者は「RM」のトミーパパ。
こちらは違和感なしだった。

今回もディッシャーはディッシャーだったなあ。
モンクさんの推理と自分のがかぶってるのに警部に認めてもらえない。
本当の病人と偽物じゃね。
これが尾を引いたのか最後まで拗ねてましたよ。
それでこそディッシャーだ。
ストレスで鼻血が出ることもあるらしい。
警部、だらだらだな。
鼻血をたらしながらヨーヨーをする警部が目に浮かぶ。

犯人に殺されそうになるという、モンクさんにしては最大のピンチを迎えるが、ボスに対する心を刺激され、間一髪で助けたナタリーも○。
でもお休みくらいあってもいいとは思う。

あー、これでまたしばらく見られない。
来期の放送を信じていいのかな?
放送されなかった1話はスケジュールの都合かと思ったらどうも内容のようですね。
日本では絶対見られないのかな。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Anne
  • URL
  • 2007/07/15(Sun)13:32
  • Edit
こんにちは。
あの病院に来てた患者さんの女性、兄は脳出血で死んだって、なんて無神経なことを本人に言うのって、びっくりしちゃいました。笑えましたが。あんなこと言われたら、余計ストレスで血が止まらなくなっちゃう。
そしてディッシャーもご活躍でしたね。やっぱりこれくらいでないと、ディッシャーは寂しいです。
ああ、15話なんて、あっという間にシーズンが終わってしまいました。また半年後にやってくれると信じたいです。
TBさせていただきますね。

無題

  • by yasishi
  • 2007/07/15(Sun)16:30
  • Edit
◇Anneさんへ
半年後の放送再開を願ってやみません。
あと取り残された1話の行方は?
事件はゆるいことが多いですが、ゲストも楽しめるので好きなドラマなんですよね。
来期は警部の活躍も期待しましょう。

無題

  • by rosedale
  • 2007/07/17(Tue)12:46
  • Edit
ブルドッグ先生、怪しすぎます(笑)。シーズンフィナーレなのにレギュラーよりゲストが活躍し過ぎちゃいましたね(と思ったのは私だけかしら^^;)。

モンクさんの次のシーズンも気になりますが、ペテン師の後の秋枠は何が入ってくるんでしょうか。BBCづいてるので、Life on Marsを買い付けて欲しいんだけどなー。

無題

  • by yasishi
  • 2007/07/18(Wed)12:39
  • Edit
◇rosedaleさんへ
モンクさんはゲストの選択がなかなかです。今回も勝ってましたよ、ブルドッグにトミーパパですから。
ブルドッグの何が怪しいってドクター白衣の短さです(笑)。インチキ臭かったです。
そろそろ秋以降のドラマ枠の発表がある頃ですかね。
ペテン師の再放送ってのも気になりますが、その後ですよね。
NHKはとんでもないことをするので、何が出るやらお楽しみです。

TRACKBACK

Trackback URL:

名探偵モンク4 第15話 鼻血が止まらない!

  • URL
  • 2007/07/15(Sun)
Monk 4 #15 Mr. Monk Goes to the Hospital 朝からずっと鼻血が止まらなくなってしまったモンクは、ナタリーと病院を訪れることに。 ただの鼻血で問題ないと医者には言われるが、待合室にいた女性に弟が同じように鼻血で、 脳内出血で亡くなったことを聞かされたモンクは、不安でいてもたってもいられなくなり、 脳神経外科部長のウィトカムの部屋を訪れることに。ところがウィトカム部長は部屋で、 何者かに殴られて、すでに死んでいた…。 モンクさん、今回ばかりは本当に危機一髪だった。しかしみんな鼻血を馬鹿にしていたが、 鼻血なんてすぐ止まるものなのに、ずーっと止まらなければ、モンクさんじゃなくても、 心配にならないものかしら。それが心因性のものだなんて、普通は考えないわけだし。 それにしてもあの救急の女医さん、見事な腕前だった。ああいう大騒ぎする患者さん、 何度も見てきたのだろう。でもわたしの希望としては、シアトル・グレイス病院の クリスティーナにぜひやってほしかった。ぶち切れて怒鳴りつけてたことだろう…。 今回はシーズンエンドだったせいか、ストットルマイヤー警部以外は見せ場があった気がする。 すねの傷を見せるのに、わざわざズボンを下ろそうとするディッシャーとか。 すぐ隣でモンクさんがズボンのすそを上げて傷を見せてるのに、なぜわざわざ脱ぐ? やめろと言われても、まだズボンを脱ごうとするディッシャー。あとはやっぱりモンクさん。 「この辺にあるんです。バスケットボール大の腫瘍が」 いや、モンクさん、バスケットボールはモンクさんの頭よりも大きいから! 職員:その部屋は高齢者病棟です。80歳以上の患者さんしかいません。 ディ:じゃあ急いだほうがいい。 …ディッシャー、いくらなんでもそんなにすぐには死なないから! そして訪ねていくも、思った以上にずーっと元気な高齢者病棟の患者さん。ていうか元気すぎ。 モンクさんなんて、ソフトクリーム呼ばわりされてます。甘くて泣き出しそうだからだって。 挙句、「わかりきったことを聞くな! 脳みそ新品ととっかえたとこなのか!?」と 思いっきり罵倒されるモンクさん。しかもこの彼のせいで、モンクさんたら命の危険に。 危ないところで駆けつけてきてくれるナタリーは、やっぱり優秀なアシスタントだ。 しかし先週ですでにもうダメになったかと思われたナタリーの彼、つづいてたんですね。 結構若いのでびっくりしました。でも彼よりも、モンクさんのほうが心配なナタリー。 ナ:ボスが困ってるから。 彼:なんでわかるの? ナ:いつも困ってるから。 ナタリーの愛情を感じました。彼女は本当にいい女性だから、ぜひうまくいってほしいけど、 この彼との仲は次のシーズンどうなってるかな? ああ、もうモンクさんがおしまいなんて、あっという間でした。早く次のシーズンで、 またモンクさんたちに会えるのが待ち遠しくて仕方ありません。そしてNHKさん、 お願いだから、モンクさんの昔のシーズンも一挙再放送して!

Monk - Mr.Monk Goes to the Hospital

  • URL
  • 2007/07/17(Tue)
こんなんでいいのか?みたいなシーズンフィナーレ。 ミスチャンで放送中のS1と続けて見たら、混ざって混乱(^^;)。 せっかくのゲスト、チャールズ・ダーニングの使い方が物足りず。鼻血が止まらないモンクさんはERへ。隣で待っていた女性に、ただの鼻血だと思ってたら脳出血で死んでしまった家族の話を聞かされ、かなり動揺するモンクさん。ナタリーはデートに出掛けてしまったため更に不安がるモンクさんの注意を逸らし、ささっとお薬を鼻に突っ込む女医が凄い。Huffでラッセルの秘書やってた万能マギーだもん、さすがの対応だ。それでも鼻血が止まらないモンクさんが脳外科医のオフィスを訪れると先生は死んでいた。 ...

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]