忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

HOUSE#11

勝手に起こる身体の痙攣。
これはWATで見たハンチントン病だ!
私も診断医になれるな、と思ったのも束の間。
遺伝的にも脳にも問題なしで違う病気。
最初にズバリ特定できるわけないよな。

車で出かけようとした奥さんが、自分ではどうしようもなく身体が動いてガレージに突っ込む。
いつものように検査をするが特定できるものはない。
とりあえず退院しようとすると病院玄関で倒れる。
血栓がつまって脳卒中。果たして原因は…?

奥さんは娘を連れての再婚。旦那さんは優しい。
今度は二人の子どもをもとうという話になっているが、奥さんは仕事も家事もPTAも、というリタリン服用スーパー主婦。
本当はもう子どもは欲しくない。
でも旦那さんに報いるために不妊治療をしている。
しかし影では避妊ピルを飲んでいるから妊娠しないという…。
今回体調を崩したのも、不妊治療と避妊薬、この相性の悪さか?
相性以前に、同時に体内に入ったら危険だということは考えなかったのか。
あくまでも病気で子どもは望めない、と医者が旦那さんに言ってくれることを期待する奥さん。
「守秘義務から手術の内容は伏せたが、嘘はつけません」とフォアマンは返す。
旦那さんは奥さんの胸の内を聞いたらどう反応するのか、前回に引き続いて夫婦の今後が心配な終わり方。
っていうか、この患者、自分が子どもを望まないならはっきりそう言えよ!
無駄な治療の手伝いしてた旦那の気持ちにもなれ!

で、ハウスとステイシー、とうとうだよ。
しかもキャメロンの呼び出しに遅刻してまで。
でもステイシー夫の泣き言聞いたら(?)ステイシーを拒否。
ウィルソンもびっくりだよ。
前回も書いたけれど、ハウスでこんな話は見たくはないから、ステイシーが退場するならそれでいいけどさ。

ウィルソンといえば、患者のためにあんなものまでつくるのか。
ここ、病院だよね。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by rosedale
  • 2007/09/07(Fri)14:09
  • Edit
自分の体を傷つけてでも嘘をつき続けるマーゴ、腹立たしかったですね。何話か前のシンシア・ニクソンがゲストの回(親切にしてほしくて病人と偽ってた人)とちょびっとかぶりました。二人とも行くべきところは精神科ではないかと(苦笑)。何より旦那に同情です。

ウィルソンのオフィスの造りがよくわかんないんですけど、ノックを無視されたハウスが入ってきたガラスドア、あれは裏口だったんでしょうか(^^;)。ガラスドアの部屋で平気で巻物してるウィルソンも問題ですね(苦笑)。

無題

  • by yasishi
  • 2007/09/08(Sat)09:46
  • Edit
◇rosedaleさんへ
患者の言動は腹立ちます。
>シンシア・ニクソンがゲストの回
二人とも本当に必要なのは心の治療の気がしますよね。
>ウィルソンのオフィスの造り
オフィスのガラスドアからベランダに出られて、ベランダが他のドクターのオフィスとつながってるんですかね。
あの巻物仕事は、ドクターとしてどうなのでしょう?
ドアに鍵をかけているので本人承知のことですね。

TRACKBACK

Trackback URL:

House S2-#11 Need to Know

  • URL
  • 2007/09/07(Fri)
体が怪しく痙攣する運動障害で病院に運ばれたマーゴ。かわいい娘(エル・ファニング、ダコタよりかわいい)がいて、仕事も順調、夫にも尽くす完璧女だが・・・。 今回の真相は・・・・くだらなくてどっと疲れた。マーゴは、自分の子供を欲しがる夫に「私は欲しくないのよぅ」と言えないまま不妊治療を受けていた。治療を受けつつ避妊ピルを呑む、という矛盾行動が、体を壊してしまった。原因を知らされても夫には真実を言えず、不要な手術を受け、更には「不妊治療は難しくなったと夫に言ってくれ」とフォーマンに頼む始末。アホか・・・。つか、詐欺でしょ、ソレ。自分の子供を持つことを夢見てる夫がかわいそうだ。 で、ハウス...

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]